ユベントスのフランス代表MFポール・ポグバ(28)が注目を集める去就にコメントした。

2016年夏にユベントスから古巣ユナイテッドに復帰して、5年の月日が経つポグバ。たびたび移籍が噂されながらユナイテッド残留という流れを繰り返して、ついに契約も12カ月を切った。

今も移籍、残留ともに憶測があり、不透明な去就状況だが、先日にフランス『レキップ』でユナイテッドの今夏補強と高額サラリーが決め手となり、契約延長を決心したともいわれる。

そのなか、7日にユベントス時代の思い出が残るユベントス・スタジアムで行われたUEFAネーションズリーグ・ファイナルズ準決勝のベルギー代表戦後、イタリア『Mediaset』で将来に開口した。

古巣ユベントスが拠点を置くトリノの街に対する愛着を尋ねられ、「トリノは好きだよ!(笑)」だと返答。さらに、「パウロ(・ディバラ)のようなユーベの元同僚とはよく話している」と続けた。

一方で、「今の僕はマンチェスターにいて、6月まで契約がある。それから様子を見よう。今季を最高の形で終わらせたいから、考えるのはそれからだ」とユナイテッドの選手であることも強調した。

チャンピオンズリーグはWOWOWで独占放送&配信!
>>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら