バルセロナの若手選手たちがクラブの公式雑誌の表紙を飾った。

夏にアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが退団し、ロナルド・クーマン監督の下で今シーズンのラ・リーガでは3勝3分け1敗の9位。そしてチャンピオンズリーグではグループリーグ2連敗と苦しいシーズンを過ごしているバルセロナ。深刻な財政難に陥っていたが、希望もある。

直近では17歳のMFガビがスペイン代表での最年少出場選手となったほか、18歳のMFペドリもスペイン代表で欠かせない存在に。そして、メッシから10番を受け継いだFWアンス・ファティもケガから復帰。カンテラ育ちの選手を中心に、若手選手がチームの軸となっていく兆候が見られている。

この3人をはじめ、クーマン監督は多くの若手選手たちを積極的に起用。クラブは22歳以下の選手たちをクラブの公式雑誌『Revista Barca』の表紙に採用した。

そのメンバーは、DFセルジーニョ・デスト、GKイニャキ・ペーニャ、DFオスカル・ミンゲサ、DFロナルド・アラウホ、MFニコラス・ゴンザレス、DFエリック・ガルシア、GKアルナウ・テナス、FWアレックス・コジャード、DFアレックス・バルデ、MFユスフ・デミル、FWアンス・ファティ、MFリキ・プッチ、MFペドリ、そしてMFガビの計14人だ。

ラ・マシア出身の選手を中心とした若き才能たちにはファンからも「素晴らしい未来」「将来が楽しみ」「期待してる」「夢しかない」「将来のドリームチーム」といった期待の声が多く寄せられた。

クレ(バルセロナ・サポーター)はしばしの我慢を強いられるかもしれないが、その先には素晴らしい未来が訪れるかもしれない。



チャンピオンズリーグはWOWOWで独占放送&配信!
>>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら