9日、ポルトガル代表vsカタール代表の国際親善試合が行われ、3-0でポルトガルが勝利した。

ポルトガルのエスタディオ・アルガルヴェで行われた一戦。ポルトガルは、[4-3-3]のシステムで臨み、マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは左ウイングで先発出場した。

9月に行われたアイルランド代表戦で2ゴールを奪い、ポルトガル代表としてのゴール数を「111」とし、ギネス世界記録を樹立したC・ロナウド。その後ユナイテッドでの試合でもゴールを決め続けるなど、その勢いは止まらない。

この試合も立ち上がりから攻め立て、C・ロナウドを中心に何度もゴールへ迫るなか決められず。それでも迎えた37分、クロスをボックス右から落とすと、最後は相手の処理のもたつきをC・ロナウドが詰めてポルトガルが先制。代表通算112ゴール目を決めた。

先制後も攻撃の手を緩めないポルトガルだったが、この日はなかなかゴールが決まらない。

前半を1-0で折り返すと迎えた48分、右サイドで得たFKからボックス内にクロスが送られると、ダニーロがヘッド。これがGKにセーブされるも、こぼれ球をジョゼ・フォンテが蹴り込み追加点を奪う。

終始ポルトガルが攻め続けた試合は90分にもゴール。ボックス左からラファエウ・レオンが鋭いクロスを上げると、アンドレ・シウバがボックス中央でヘディングで合わせ、3-0。ポルトガルが危なげなく勝利を収めた。

ポルトガル代表 3-0 カタール代表
【ポルトガル】
クリスティアーノ・ロナウド(前37)
ジョゼ・フォンテ(後3)
アンドレ・シウバ(後45)



ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
>>詳しくはこちら