パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、改めてバルセロナ退団、そしてPSGへの移籍について語った。

今夏の移籍市場で、最大の衝撃となったのはメッシのバルセロナ退団だろう。昨シーズン限りで契約が満了を迎えていたメッシ。しかし、バルセロナとの再契約は既定路線と見られ、コパ・アメリカ2021の活動の後にサインすると誰もが予想していた。

クラブとの会談がもたれ、メッシの再契約が発表になると思っていた矢先、まさかの退団が決定したことが発表。クラブがラ・リーガから定められたサラリー制限のうちにメッシを含めることが不可能となってしまい、契約ができなくなったのだ。

その後、PSGへと移籍をしたことは周知の事実。カンテラ時代から21年間過ごしたバルセロナを離れ、退団会見では人目をはばからず涙するメッシは感動を呼んだ。

そのメッシはフランス『レキップ』のインタビューに応じ。移籍当時のことを回想。メッシ本人としては完全にバルセロナでプレーするつもりで出向いたものの、それが叶わなかったと明かした。

「率直に言って、全くなかった。監督が僕に与えてくれた数日間の休暇を利用した後、僕はシーズンの準備のためにバルセロナへと戻った。契約書にサインして、すぐにトレーニングを再開することを考えていた。全てが解決し、欠けていたのは僕の契約だけだと思っていた」

「しかし、僕がバルセロナに到着した時、バルサには僕を留まらせる手段がなかった。僕はもう不可能になり、残留することができず、自分自身が別のクラブを探す必要があると言われた。それは僕の計画をひっくり返した」

21年間を過ごしたクラブを離れることとなったメッシ。その決断は難しいものであり、家族にも大きな影響を与えたとした。

「もちろんとても難しかった。僕たちが家を出なければならず、家族がルーティーンを全てひっくり返さないといけないと思った。子供達は学校を変え、僕たちは新しい場所に連れていかなければいけなかった」

「これが僕のキャリアの中で起こったことは初めてだった。色々なことが頭に浮かんだ。でも去るしかなかった。それを変えることはできず、受け入れなければならなかったんだ」

「別れの場でも言ったように、何年も経ってからバルセロナを離れるのはとても辛かった。僕はバルセロナでキャリアを終わらせることを決断し、家族もそうだった。大変だったけど、一緒にこの試練を乗り越えることができた」

「僕は自分の将来について考え始め、パリ・サンジェルマンは僕に加わる機会を提供してくれた。僕たちはとてもやる気に満ち溢れたし、本当に来たいと思っていた」

「PSGには素晴らしいチームがあり、多くのタイトル獲得を目指している。これは、今後数年間の僕の目標だ。その上で、これは新たな人生の経験であり、大きな変化であり、僕は少しずつそれに慣れようとしていた」

退団が決定してすぐに声を掛けるクラブはいくつもあったが、その中でPSGが最も惹かれたと語るメッシ。タイトルを獲得していきたいと目標についても語った。

「バルサが僕と契約を続けないと発表したプレスリリースを発行した。その時点で、僕は自分がどうなるのか疑問に思い始めた。キャリアを続けるには、新たらしいクラブを見つけなければならなかったんだ」

「幸運にもいくつかのクラブから連絡があり、そのうちの1つがパリ・サンジェルマンだった。クラブは最初から僕にとてもよくしてくれたので、感謝している。彼らは本当に僕を欲しがっているということを示し、僕の世話をしてくれた。今日ここに居られることはとても嬉しい。彼らには感謝する」

「他のオファーもあったけど、PSGとはかなり早く合意に達したと認めざるを得ない。話し合いが始まり、状況を考えるととても困難な作業だった。全てが短時間で、実質的には一晩で解決する必要があったので、簡単ではなかった」

「僕は明らかにプロジェクト、クラブの野心、選手、グループに魅了された。これら全ての要素により、合意をすぐにすることが簡単になったんだ」



チャンピオンズリーグはWOWOWで独占放送&配信!
>>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら