今シーズンからセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)のカルタヘナへと加入した元日本代表FW岡崎慎司が、移籍後初ゴールを記録した。

カルタヘナは10日、セグンダ・ディビシオン第9節のイビサ戦に先発出場。[3-4-3]の3トップの一角として右ウイングで先発出場した。

そのカルタヘナは、24分にルベン・カストロがPKを決めて先制に成功すると、29分にはドリブルで中央を持ち上がった、モハメド・ダウダが強烈なミドルシュートを突き刺し、追加点を奪う。

さらに43分にもルベン・カストロがこの試合2本目のPKを決めてリードを3点とする。

そして迎えた57分、ついにその時が来る。ボックス左からベルト・カヤルガが緩いクロスを送ると、右サイドから猛然と飛び込んだ岡崎がボックス中央でダイビングヘッド。これが決まり4-0に。62分には大きなサイドチェンジの落としを、後方から走り込んだデルマスが蹴り込み5-0。90分に1点を返されるも、5-1で快勝を収めた。

岡崎は今シーズンの5試合目で初ゴール。ここからのゴール量産が期待される。

カルタヘナ 5-1 イビサ

1-0:24分 ルベン・カストロ(カルタヘナ)[PK]
2-0:29分 モハメド・ダウダ(カルタヘナ)
3-0:43分 ルベン・カストロ(カルタヘナ)[PK]
4-0:57分 岡崎慎司(カルタヘナ)
5-0:62分 デルマス(カルタヘナ)
5-1:90分 ノノ(イビサ)



チャンピオンズリーグはWOWOWで独占放送&配信!
>>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら