リバプールの元カメルーン代表DFジョエル・マティプが、チームメイトであるオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクとU-21フランス代表DFイブラヒマ・コナテについて語った。クラブ公式サイトが伝えている。

昨シーズンは1月に負ったケガによりシーズン終了となったマティプだが、今シーズンはここまで公式戦8試合に出場。チームにはファン・ダイクやコナテのほか、イングランド代表DFジョー・ゴメス、イングランド人DFナサニエル・フィリップスらライバルがひしめく中で、ファン・ダイクと並び主軸の座を確保している。

公式マガジンのインタビューに応じたマティプは、昨シーズンの大ケガから復帰したファン・ダイクや新加入のコナテに言及。ファン・ダイクとプレーできる喜びを語りつつ、ここまで公式戦2試合の出場に留まるコナテについてはチームにフィットする時間が必要だと語った。

「ヴィルヒルと再び一緒にプレーできるのは、僕にとって素晴らしいことだ。彼がピッチに戻ってくるのを見るのは本当に嬉しいね。彼は完璧なセンターバックさ。ボールを持っているときは落ち着きがあり、ボールへのアプローチも素晴らしい。僕らのリーダーであり、彼の復帰はチームにとって良いことだ」

「イブ―(イブラヒマ・コナテ)は本当によく馴染んでいると思う。それでも、完全に馴染むには時間がかかるものであり、守備陣で良い関係を築くのにも時間はかかる。彼がどのような反応をするのか、そして彼は僕がどう反応するのか、知る時間が必要だ。僕たちは一緒に多くのトレーニングを積んでいるところであり、新しい選手には常に時間が必要になる」

また、マティプはチームで守備を担う4バックとアンカー、GKの6人はお互いの特徴を知ることが大切になるとコメント。選手が変われば、調整も必要になると語った。

「守備の仕方について同じアイデアを持っていても、誰もが少しずつ違う反応をするものであり、それに適応する必要がある。6人の選手全員が同じようにプレーしているわけではないから、常に少しずつ適応しないといけない」

「ただ、どのようにプレーするか、どのようにディフェンスするかなどの考え方は、常に同じだと思う。もちろん、小さな調整は必要になるけどね」

チャンピオンズリーグはWOWOWで独占放送&配信!
>>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら