アーセナルからマルセイユにレンタル中のU-21フランス代表DFウィリアム・サリバが今夏の移籍を振り返っている。

サリバは2019年夏にサンテチェンヌから移籍金2700万ポンド(約41億6000万円)でアーセナル入り。しかし、ここまでトップチームでは一度もプレー機会はなく、ここまでサンテチェンヌ、ニース、マルセイユと母国クラブへのレンタル移籍を繰り返している。

その間にクラブはイングランド代表DFベン・ホワイト、日本代表DF冨安健洋と同じ右利きのアスリート能力の高いセンターバックを獲得しており、今後の去就は不透明な状況だ。

現在、エスポワール(U-21フランス代表)でキャプテンを務めるサリバは、フランス『レキップ』で今夏のマルセイユ移籍について言及。ニース復帰やリール、ニューカッスルからのオファーがありながらも自身の意思で南仏行きを選んだことを明かした。

「直近のリーグ戦3試合の内、2つの敗戦を喫してしまったけど、僕らは力強いシーズンのスタートを切ったと思う。そして、すぐに勝利の道を取り戻すつもりだよ」

「チームメイトやサポーターのみんなからとてもよくしてもらっているよ。だから、個人的にとても良い選択をしたと思っている」

「ここは自分にとって適切なクラブであり、とても良いプレッシャーがあるんだ。この若さで、このような素晴らしいスタジアムでプレーできるのは本当に良いことだと感じているよ」

なお、サリバはここまで公式戦9試合でフル出場を飾るなど、ホルヘ・サンパオリ監督の信頼を得ており、上々の序盤戦を過ごしている。今回のレンタル契約には買い取りオプションは含まれていないが、マルセイユでのパフォーマンスが来夏のアーセナル復帰、あるいは更なるビッグクラブへの移籍という道に繋がっていくはずだ。

チャンピオンズリーグはWOWOWで独占放送&配信!
>>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら