モナコがフランス代表MFオレリアン・チュアメニ(21)の移籍金を設定したようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。

ボルドーの下部組織で育ち、2020年1月にモナコに移籍したチュアメニ。加入当初からコンスタントな出場を続けると、今年9月にフランス代表デビューを果たし、先のUEFAネーションズリーグ・ファイナルズでは決勝のスペイン戦でフル出場して優勝に貢献した。

一気に頭角を表したこの21歳に対して、MFカゼミロの後釜を模索するレアル・マドリーをはじめ、チェルシーやリバプール、マンチェスター・シティ、ユベントスといった多くのビッグクラブが関心を示している模様。しかし『マルカ』によると、モナコは6000万ユーロ(約78億6000万円)という多額の移籍金を求めているという。

ボルドーから加入した際の移籍金は1800万ユーロ(約24億円)だったチュアメニ。『transfermarkt』による現在の推定市場価値3500万ユーロ(約45億8000万円)となっているが、現行契約が2024年6月まで残っている影響もあってか、モナコは強気の姿勢を見せているようだ。

また、これからの活躍次第ではさらに移籍金が跳ね上がる可能性もあるが、果たしてその要求に応えられるクラブは現れるだろうか。

チャンピオンズリーグはWOWOWで独占放送&配信!
>>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら