アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが、バルセロナで実戦デビューを果たした。

バルセロナは13日、ラ・リーガ再開に先駆けてリーグ3部のUEコルネジャとトレーニングマッチを行った。今回のインターナショナルブレイクで代表未招集だった選手が中心で、アグエロは初めてバルセロナのユニフォームを着て実戦に臨んだ。

ふくらはぎのケガで8月上旬から離脱が続いていたアグエロは、一時母国に戻るなど時間をかけて治療を続けていた。そして、今回のトレーニングマッチで先発出場を果たし、30分までプレー。1ゴールのお土産付きで、公式戦デビューに向けても弾みをつけた。

また、同試合ではMFフィリペ・コウチーニョもゴールを挙げたが、2-2の引き分けに終わっている。

一方、アグエロ同様に長期離脱が続いているFWウスマーヌ・デンベレは、トレーニングには復帰しているものの、このコルネジャ戦は見送っている。

バルセロナの今後の予定は、17日に行われるラ・リーガ第9節のバレンシア戦の後、チャンピオンズリーグのディナモ・キエフ戦を挟んで、24日には第10節でレアル・マドリーとのエル・クラシコが控えている。【写真】アグエロがバルサユニで実戦デビュー!

First time in Blaugrana colors for Kun pic.twitter.com/AHQ6Le1GLn

— FC Barcelona (@FCBarcelona) October 13, 2021

チャンピオンズリーグはWOWOWで独占放送&配信!
>>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら