シュツットガルトは13日、U-19フランス代表MFエンツォ・ミロの負傷を発表した。

クラブの発表によると、ミロは12日のトレーニング中に右ヒザを負傷。検査の結果、右ヒザ前十字じん帯断裂と診断されたとのことだ。なお、手術は行わず保存治療で回復を目指すとのことだが、離脱期間は数週間になるとのことだ。

今夏に加入しここまでブンデスリーガ2試合に出場していたミロの離脱について、スヴェン・ミスリンタットSD(スポーツディレクター)は、「今回の負傷はエンツォにとっても、我々にとっても辛いニュースだ。最近はフィジカル面の調子も良かったんだけどね。残念ながら彼がチーム練習に復帰するには、しばらく時間がかかるだろう」

シュツットガルトでは現在、FWササ・カライジッチやFWモハメド・サンコー、MFサイラス・カトンパ・ムヴァンパらの負傷離脱。また、GKフロリアン・ミュラー、GKファビアン・ブレドロウ、DFヴァルデマール・アントン、MFロベルト・マッシモ、MFエリック・トミーと5人の選手に新型コロナウイルスの陽性反応が確認されていた。

ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
>>詳しくはこちら