日本代表MF田中碧が、改めてオーストラリア代表選を振り返った。

日本は12日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第4戦でオーストラリアと対戦した。

最終予選3連勝で首位に立ち、2次予選から11連勝中のオーストラリアをホームに迎えた日本だったが、8分に田中が初先発で初ゴールを記録。後半にアルディン・フルスティッチが直接FKを叩き込み同点に追いつかれるも、86分に浅野拓磨が抜け出してシュート。これがオウンゴールを誘発し、2-1で勝利を収めた。

この試合で日本代表3試合目、最終予選で初先発となった田中は自身のインスタグラムに改めて心境をつづった。

「たくさんの方のおかげで素晴らしい舞台でサッカーさせてもらいました。ここからさらに頑張ります!」

この投稿に対しては、東京オリンピックで戦い、今回の2試合にはケガで参加できなかったMF久保建英(マジョルカ)とMF堂安律(PSV)が反応した。

久保は「とても上手い/Joga muito」とメッセージを送れば、堂安は炎と拍手の絵文字でエールを送っていた。

一方で、同じピッチに立っていた川崎フロンターレの先輩であるMF守田英正からは「落ちてサボるな」と厳しい言葉。しかし「Joga muito」とポルトガル語で「良いプレーだった」とも書かれており、後輩の活躍をねぎらっていた。



ランパード、ジョン・テリー、ジェラード
イングランド代表LEGENDがサカつくRTWに登場!
>>詳しくはこちら