元オランダ代表のラファエル・ファン・デル・ファールト氏が、同胞のMFフレンキー・デ・ヨングに対し、自論を絡めてアドバイスを送っている。

同氏が指摘するきっかけとなったのは、11日に行われたカタール・ワールドカップ欧州予選のジブラルタル代表戦。オランダが6-0の大勝を収めた中、F・デ・ヨングは60分まで出場していた。

試合後、オランダ『テレグラフ』でファン・デル・ファールト氏は「最高のパフォーマンスではなかった」と24歳を評価。ポテンシャルは疑う余地はないとしながらも、プレースタイルを見直す必要があると述べている。

「彼は『得点力と創造力のある10番』としてではなく、『古典的な10番』として評価されるべきだ。そうすればこの議論からも解放されるだろう。バイエルンのヨシュア・キミッヒと比較すると、彼がより優れているのがわかる」

「弱い相手になると、フレンキーは自分のスタイルを発揮することが難しくなる。スペースがなく、相手を抜き去ることができないからだ。それが彼がゴールまでに15メートルで輝けない理由だ。残念ながら、彼は真に『得点力と創造力のある10番』にはなれないかもしれない」

「問題は、フレンキーが古典的な10番のような素晴らしいテクニックも持ちながら、6番や8番のポジションで十分すぎるほどのプレーができることだ。だからこそ、我々は彼にさらなる期待を寄せてしまう」

「現役時代の私やヴェスレイ・スナイデルのような創造的でテクニカルを武器としていたMFは、常にストライカーの後ろでプレーし、スペースを見つけるか、自らゴールを狙っていた」

「現代サッカーにおいて、アヤックスでさえもダヴィ・クラーセンやドニー・ファン・デ・ベークのような走れる10番を育てている。それが流行りなのだ」


チャンピオンズリーグはWOWOWで独占放送&配信!
>>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら