ミランが近々イタリア代表DFアレッシオ・ロマニョーリ(26)と交渉をスタートさせる模様だ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

2015年夏加入のロマニョーリは、当初からレギュラーとして最後尾に君臨し、ここまで公式戦227試合に出場。2018-19シーズンからはキャプテンを任されるまでになった。

しかしながら今季は、新キャプテンに選ばれたDFシモン・ケアーと、夏にレンタルから完全移籍に切り替わったDFフィカヨ・トモリと台頭によって、その座が危ぶまれつつある。

来夏には契約切れとなるため、移籍の噂もちらほら出ている中、ミランはロマニョーリと面談し、延長交渉を開始する計画を立てているようだ。

ただ、チーム内の序列が下がってきているため、大幅な年俸アップは期待できないとのこと。選手側がそれを呑めるかが、交渉の鍵になりそうだ。

なお、ロマニョーリにはラツィオやユベントスが関心を示していると伝えられている。

チャンピオンズリーグはWOWOWで独占放送&配信!
>>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら