2021年ゴールデンボーイ賞の候補者が20名に絞られた。

イタリア『トゥットスポルト』が主催するゴールデンボーイ賞は2003年から始まり、今回で19回目。2001年1月1日以降生まれの欧州でプレーする21歳以下の選手を対象とし、6月に発表された候補者100名から毎月の投票で20名ずつ落とされていく。

そして15日、最終候補者となる20名が発表された。バルセロナのスペイン代表MFペドリやドルトムントのイングランド代表MFジュード・ベリンガム、バイエルンのドイツ代表MFジャマル・ミュージアラ、レアル・マドリーのフランス代表MFエドゥアルド・カマヴィンガら、若くして第一線で活躍する選手たちが勝ち残っている。

また、前回の40名には選ばれなかったものの、今回新たにバルセロナのスペイン代表MFガビ、レアル・マドリーのブラジル代表FWロドリゴ、ミランのイタリア人FWダニエル・マルディーニの3選手がノミネートされている。

なお、ニュースターは12月13日にトリノで発表予定だ。

◆最終候補者一覧
DFウィリアム・サリバ(マルセイユ)
DFユリエン・ティンバー(アヤックス)
DFヌーノ・メンデス(パリ・サンジェルマン)

MFジュード・ベリンガム(ドルトムント)
MFエドゥアルド・カマヴィンガ(レアル・マドリー)
MFチャールズ・デ・ケテラエル(クラブ・ブルージュ)
MFガビ(バルセロナ)
MFブライアン・ヒル(トッテナム)
MFライアン・グラフェンベルフ(アヤックス)
MFジャマル・ミュージアラ(バイエルン)
MFフロリアン・ヴィルツ(レバークーゼン)
MFペドリ(バルセロナ)

FWカリム・アデイェミ(ザルツブルク)
FWロベルト・ピッコリ(アタランタ)
FWジェレミ・ピノ(ビジャレアル)
FWジョバンニ・レイナ(ドルトムント)
FWロドリゴ(レアル・マドリー)
FWブカヨ・サカ(アーセナル)
FWメイソン・グリーンウッド(マンチェスター・ユナイテッド)
FWダニエル・マルディーニ(ミラン)


チャンピオンズリーグはWOWOWで独占放送&配信!
>>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら