インテルのアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネス(24)の契約更新が間も無く発表されるようだ。イタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が伝えている。

現行契約が2023年までとなっているラウタロ。今夏には多くのクラブからの関心が伝えられた一方、契約更新の噂も上がるなど、様々な情報が錯綜していた。

しばらく移籍市場を賑わす存在だったが、その立ち位置も終わりを迎えそうだ。ファブリツィオ・ロマーノ氏によると、新たに5年契約を締結し、インテルも発表の準備を整えている段階のようだ。「公式発表は時間の問題」と、ツイッターを通じて伝えている。

2018年7月にアルゼンチンのラシン・クラブから加入したラウタロは、初年度こそセリエA27試合で6ゴールと鳴かず飛ばずだったものの、2年目は14ゴール、3年目は17ゴールと、着実に存在感を高めていった。

そして4シーズン目を迎えた今季は7試合で早くも5ゴールを記録。FWロメル・ルカクが去ったチームで得点源の一人として気を吐いている。

チャンピオンズリーグはWOWOWで独占放送&配信!
>>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら