パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディと代理人であり妻であるワンダ・ナラを巡る騒動に進展があった。

ワンダ・ナラは2008年にアルゼンチン人FWのマキシ・ロペスと結婚。しかし、2013年に当時サンプドリアでチームメートだったイカルディとワンダ・ナラの不倫が発覚。マキシ・ロペスと離婚すると、2014年にイカルディと再婚していた。

度々ピッチ外でも問題を起こしてきた夫妻だが、今回はイカルディの女性問題が発覚。ワンダ・ナラの友人であるアルゼンチンの女優マリア・エウヘニア・スアレスとの浮気疑惑が浮上した。

この件に激怒したワンダ・ナラはパリを飛び出し、以前住んでいたミラノへと渡ったが、イカルディはPSGの練習を欠席してまで追いかけていた。この誠意が実ったのか、イカルディは自身のインスタグラムにワンダ・ナラとの2ショットを投稿し、この内輪揉めに終止符が打たれたかに思われたが、ワンダ・ナラが意味深投稿を投下した。

自身のインスタグラムのストーリーズに、右手の写真とともに「指輪をしていない手の方が好き」とコメントしたのだ。これはもちろん、左手薬指の結婚指輪を意識しての投稿だろう。

気が付いた時には元の鞘に収まっている可能性が高い気もするが、サッカー界随一のお騒がせカップルの動向には注目が集まっている。



ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
>>詳しくはこちら