プレミアリーグは、リーグに所属する選手の新型コロナウイルスワクチンの接種率に関する声明を発表した。

パンデミック発生以降、イギリスでは積極的にワクチン接種を進めており、プレミアリーグでも所属選手に対して接種を推奨する働きかけを行ってきた。

ただ、ワクチン接種はあくまでも任意であり、副作用や将来的な健康被害を危惧する一部の選手たちは、接種を拒否する姿勢を貫いており、先月の段階では2回のワクチン接種を終えた選手の割合が50%を超えているクラブは7つしかなかった。

しかし、プレミアリーグは19日に発表した声明の中で、「81%のプレーヤーが少なくとも1回の新型コロナウイルスの予防接種を受け、68%が完全(2回)に予防接種を受けたことを確認しました」と、少なくともリーグ全体の4分の3の選手たちが少なくとも1回の接種を終えたことを公表した。

また、「ワクチン接種率はプレミアリーグが毎週収集しており、リーグは引き続きクラブと協力してプレーヤーやクラブスタッフのワクチン接種を奨励しています。クラブや個人に関する具体的な情報はリーグから提供されず、プレーヤーのワクチン接種率は今後適切な間隔で通知されます」と、今後に向けたリーグとしての取り組みについても説明している。

ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
>>詳しくはこちら