ローマは21日、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)・グループC第3節でノルウェーのボデ/グリムトとアウェイで対戦し、1-6で大敗した。

先週末のリーグ戦でユベントスに競り負けたローマ。今週末にリーグ首位ナポリとのデルビー・デル・ソーレを控える中、今節は控え中心の布陣でグループステージ3連勝を狙った。

モウリーニョ監督は守護神ルイ・パトリシオ、イバニェスを除く先発9人を変更。最終ラインは右からレイノルズ、イバニェス、クンブラ、カラフィオーリ。中盤はダルボエとディアワラの2セントラルに、2列目は右からカルレス・ペレス、ビジャール、エル・シャーラウィ。1トップにマジョラルが入った。

極寒の敵地でキックオフ直後から硬さが見受けられるローマはいきなりビハインドを背負う。8分、自陣左サイドを完全に崩され、ブルンスタードとのダイレクトのパス交換でゴール前に入ったボッタイムに右足のシュートを左隅へ決められた。

その後、カルレス・ペレスのドリブル突破を起点に反撃に転じるローマだが、16分には相手のカウンターにズルズルと背走させられてボックスないでの混戦からコンラドセンに決定的なシュートを許すが、ここはGKパトリシオの好守で難を逃れる。

だが、直後の20分にはペナルティアーク付近で完全にフリーにしたベリに見事な左足のミドルシュートをゴール左隅へ突き刺され、まさかの2失点目を喫する。

試合序盤から険しい表情を浮かべていたポルトガル人指揮官の表情がより険しくなる中、唯一輝きを放っていたC・ペレスが仕事を果たす。28分、自陣中央のディアワラからのロングフィードに反応したC・ペレスはボックス中央で巧みなファーストタッチで足元に収めると、すかさず左足のチップキックを流し込んだ。

このゴールをキッカケにようやく全体のエンジンがかかり始めたローマは、前線に良い形でボールが入り始めるが、試合勘やコンディションに問題を抱える一部選手がリズムを崩す場面が目立ち、前半の内に追いつくことはできなかった。

迎えた後半、モウリーニョ監督は低調なプレーに終始したマジョラル、ビジャール、ダルボエを諦めてショムロドフ、ムヒタリアン、クリスタンテと主力3人を投入。だが、ここから攻勢に出ようとした矢先の52分には再び左サイドを崩されてゴール前でフリーにしたボッタイムにこの試合2点目を決められた。

これを受け、60分過ぎには週末のナポリ戦を考えると、完全休養を与えたかったペッレグリーニとエイブラハムを同時投入し、ここから攻勢を強めていく。

この交代で試合の流れはローマに傾くかに思われたが、ここからローマの守備が完全に崩壊する。

まずは71分、背後へのスルーパスに対してDFカラフィオーリが完全に入れ替わられると、ゴール前に持ち込んだソルバッケンにチップキックを流し込まれる。さらに、78分にはカウンターシチュエーションからボッタイムにスルーパスを許すと、これに抜け出したペレグリーノ、80分には再び背後を取られてボッタイムにハットトリック達成となるゴールを続けて献上した。

わずか9分間の3失点で完全に詰んだローマは結局、主力を投入した後半に意地のゴールを奪うことも叶わず。ノルウェーの地でクラブ史に残る汚点となる1-6の惨敗を喫し、今季初の公式戦連敗となった。

なお、監督キャリア1008試合目で初の1試合6失点の屈辱を味わうことになったモウリーニョ監督は、次節のナポリ戦の結果次第で今後の去就が騒がしくなる可能性も出てきた。

ボデ/グリムト 6-1 ローマ
【ボデ/グリムト】
ボッタイム(8分)
ベリ(20分)
ボッタイム(52分)
ソルバッケン(71分)
ペレグリーノ(78分)
ボッタイム(80分)
【ローマ】
カルレス・ペレス(28分)

ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
>>詳しくはこちら