【明治安田生命J1リーグ第33節】
2021年10月23日(土)
15:00キックオフ
湘南ベルマーレ(17位/28pt) vs 横浜FC(19位/25pt)
[レモンガススタジアム平塚]

◆降格圏脱出に近づくか【湘南ベルマーレ】

前節はアウェイでサガン鳥栖と対戦し1-1のドロー。3試合ぶりに勝ち点を獲得した。

混沌とする残留争いの中、8月25日の第26節セレッソ大阪戦で勝利して以降は白星なし、6試合で3分け3敗と勝ち点を3積み上げているが、まだまだ足りていない状況だ。

浮嶋敏監督が退任して以降勝利がないという残念な状況が続く湘南。山口智監督になってから試合内容は良いものを見せながら、結果がついてこない苦しい状態だ。

湘南特有の走力を生かしたオールコートプレスは相手に通用するものの、やはり終盤にはスタミナ切れ。選手を入れ替えてもそこは改善されず、前節も緩んだところで追いつかれた。

前半のうちにしっかりと前線が仕留めてリードを得ていればという考えもある。此の期に及んで、引いて守る戦いは考えにくく、どのようにゲームをマネジメントしていくのか、それとも全力でぶち当たるのかの選択が迫られる。

横浜FCの鋭いカウンターに終盤ついていけなくなる可能性は高い。早い段階で仕留めて、勝ち点3を掴みたい。

★予想スタメン[3-3-2-2]
GK:谷晃生
DF:舘幸希、石原広教、大野和成
MF:岡本拓也、田中聡、畑大雅
MF:茨田陽生、山田直輝
FW:町野修斗、ウェリントン
監督:山口智

◆下剋上へのスイッチは入った【横浜FC】

前節はホームに徳島ヴォルティスを迎え、打ち合いの末に5-3と勝利を収めた。残留争い中のライバルからの貴重な勝ち点3は、チームを勢いづかせるはずだ。

横浜F・マリノス、鹿島アントラーズと上位相手に善戦し1勝1分けと結果もついていた中、徳島戦は主導権を握りながらも追いつかれる展開に。そのまま引き分け、またや逆転されて終わっていたのが今シーズンの横浜FCだったが、そこから2点を奪い、今季最多の5得点を奪った。

この3試合でチームを牽引しているのはFWサウロ・ミネイロ。爆発的なスピードを生かし、圧倒するプレーは上位相手にも通用。横浜FCにとっての救世主となる予感だ。

また、チームとしても守備をオーガナイズでき始めている。高橋秀人が3バックの中央に入り、しっかりとコントロール。その戦いは上位相手にも通用しただけに、今節もしっかりとマネジメントしたいところだ。

残留圏までは勝ち点差「4」。今節勝てば、逆転残留の希望も見えてくる。最下位に長らく居座っていた横浜FCが一気に浮上し、今季のJ1残留争いをより混沌とさせるのか。3連勝に期待が懸かる。

★予想スタメン[3-4-2-1]
GK:スベンド・ブローダーゼン
DF:岩武克弥、高橋秀人、ガブリエウ
MF:マギーニョ、安永玲央、瀬古樹、高木友也
MF:松浦拓弥、松尾佑介
FW:サウロ・ミネイロ
監督:早川知伸

ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
>>詳しくはこちら