プレミアリーグ第9節、マンチェスター・ユナイテッドvsリバプールが、日本時間24日24:30にオールド・トラッフォードでキックオフされる。開幕から好不調の波が目立つユナイテッドが、真価試される今季初の対ビッグ6で無敗リバプールと激突する。

今夏の移籍市場でDFヴァラン、FWサンチョに加え、かつてのエースFWクリスティアーノ・ロナウドが電撃復帰を果たしたユナイテッド。このピンポイント補強により、開幕前には優勝候補に挙がったが、ここまで首位チェルシーと6ポイント差の6位(勝ち点14)に甘んじている。

4勝2分け2敗と数字上は決して悲観すべきではないが、上位チームが数試合対ビッグ6を戦っている中、今回のリバプール戦が初の対ビッグ6との一戦となり、2-4で敗戦した前節レスター・シティ戦からスタートした強豪4連戦でその真価が試される。

直近のチャンピオンズリーグ(CL)では難敵アタランタ相手に前半の0-2から後半に3点を奪って勝ち切る劇的な逆転勝利を挙げたが、リーグ戦では1分け2敗の3戦未勝利と苦境が続く。とりわけ、C・ロナウドの加入によって、以前から補強ポイントに挙がるワールドクラスの守備的MF不在による守備面の課題がクローズアップされており、世界屈指の攻撃力を誇るリバプール戦に向け大きな不安を抱える。

一方、ブレントフォード戦でのドローが響きチェルシーに首位の座を譲も、ここまで唯一の無敗で1ポイント差の2位に位置するリバプール(勝ち点18)。DFファン・ダイク、DFマティプの復帰によって守備が安定した上、絶好調のFWサラー、DFアレクサンダー=アーノルド、FWフィルミノらの復調によって攻撃も昨季以上の破壊力を誇り、チェルシーとマンチェスター・シティと並びチームの完成度では頭一つ抜けた存在となっている。

前節はラニエリを新指揮官に迎え、モチベーション高く臨んだワトフォードを敵地で5-0のスコアで粉砕し、ミッドウィークのCLでは同じく敵地でアトレティコ・マドリーとのタフな試合を3-2で競り勝ち、公式戦2連勝。盤石の状態で宿敵のホームに乗り込む。

なお、昨シーズンの公式戦3度の対戦は1勝1敗1分けの全くの五分。ただ、オールド・トラッフォードでの前回対戦はリバプールがフィルミノの2ゴールの活躍などで4-2の快勝を収めている。

◆マンチェスター・ユナイテッド◆
【4-2-3-1】
マンチェスター・ユナイテッド予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.
GK:デ・ヘア
DF:ワン=ビサカ、リンデロフ、マグワイア、ショー
MF:マクトミネイ、フレッジ
MF:グリーンウッド、ブルーノ・フェルナンデス、ポグバ
FW:クリスティアーノ・ロナウド

負傷者:DFヴァラン、MFブルーノ・フェルナンデス、フレッジ、FWマルシャル、ラッシュフォード、アマド・ディアロ
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関してはヴァランの欠場が確定し、直近のアタランタ戦でいずれも軽傷を負ったブルーノ・フェルナンデス、フレッジ、ラッシュフォードの3選手に関してはギリギリまで状況を見極めることになる。

スタメンに関しては軽傷の3選手が起用可能なことを前提に、前述の11人を予想。その中でマクトミネイの相棒、左ウイングの人選に注目が集まるところだ。

格上リバプール相手に守備を優先する場合はフレッジを2セントラルの一角、ポグバを左ウイング(右ウイング)に配置。攻撃を優先する場合はポグバを2セントラルの一角、ラッシュフォードあるいはサンチョを左ウイングに配置することになる。守備の貢献が著しく低いC・ロナウドに代えてカバーニのスタート起用というオプションもあるが、ホームゲームということを考えれば、さすがに難しいか…。

◆リバプール◆
【4-3-3】
リバプール予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.
GK:アリソン
DF:アレクサンダー=アーノルド、マティプ、ファン・ダイク、ロバートソン
MF:ヘンダーソン、ファビーニョ、ミルナー
FW:サラー、ジョタ、フィルミノ

負傷者:MFチアゴ、エリオット
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関しては長期離脱中のエリオットに加え、チアゴが欠場する。一方で、カーティス・ジョーンズがチームトレーニングに復帰し、メンバー入りが確実だ。

スタメンに関しては直近のアトレティコ戦のメンバーをベースに、ナビ・ケイタに代えてファビーニョがアンカーに復帰する見込みだ。また、C・ジョーンズとジョタがミルナー、フィルミノ、マネに代わって起用される可能性もありそうだ。

★注目選手
◆マンチェスター・ユナイテッド:FWクリスティアーノ・ロナウド
Getty Images
ユナイテッドの注目プレーヤーはオールド・トラッフォードで12年ぶりのリバプール戦に臨むC・ロナウド。今夏、ユベントスを電撃退団し、古巣ユナイテッドに電撃復帰を果たした36歳は、ここまで公式戦9試合で6ゴールを記録。再デビュー戦となったニューカッスルでの2ゴールに、CLのビジャレアル戦、アタランタ戦ではいずれもチームを劇的逆転勝利に導く決勝点を挙げる千両役者の働きを見せている。

その一方で、元々の守備意識の低さに加え、加齢による運動量の低下によってファーストディフェンダーとしてはほぼ機能しておらず、その守備の貢献度の低さがチームの足かせとなっている。ここまでは守護神デ・ヘアのビッグセーブやヴァランらの活躍によってチームとしての収支は若干プラスと言えるが、拮抗した相手や格上相手の試合では全体の収支をマイナスにするレベルだ。さらに、ユベントス在籍時の終盤からかげりを見せ始めていた打開力や決定力も今後のビッグマッチに向けた不安要素の一つだ。

とはいえ、ユナイテッドが現時点で格上のリバプールを破るためには傑出した勝負強さを持つエースストライカーの活躍は必須。とりわけ、今季リバプールが最も崩されているアレクサンダー=アーノルドの背後のスペース、右サイドからマティプ、アレクサンダー=アーノルドの間に入れるクロスはC・ロナウドの得点パターンと重なる部分が多く、そこでの攻防を優位に進められれば、必ずや決定的な仕事ができるはずだ。

◆リバプール:FWモハメド・サラー
Getty Images
リバプールの注目プレーヤーは絶好調のエジプト代表FW。直近3シーズンも安定した成績を残したものの、今季は開幕から多くのフットボールファンに衝撃を与えたリバプールデビューシーズンを彷彿とさせる異次元のパフォーマンスを披露しているサラー。ここまで公式戦11試合12ゴール4アシストを記録している上、8月28日のプレミアリーグ第3節のチェルシー戦から公式戦9試合連続でゴールを重ね、クラブレコードを樹立している。

その数字以上にプレーのインパクトが強烈で、前々節のマンチェスター・シティ戦、前節のワトフォード戦ではいずれも複数のDFを鮮やかにかわすゴール・オブ・ザ・シーズン級のスーパーゴールに、ワトフォード戦ではデ・ブライネ級のラストパスでマネのゴールをお膳立て。今シーズンここまでに限って言えば、世界最高のアタッカーと言っても過言はないはずだ。

また、クラブとの契約延長交渉の難航が伝えられる中、直近のイギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューでは、「自分次第ではない」と断りを入れながらも、「キャリア最後の日までここにいたい」とリバプール残留宣言とも取れるコメントを残しており、多くのKOPを安堵させている。

そして、レッズへの忠誠を改めて示した29歳はチームを勝利に導く公式戦10試合連続ゴールを狙う。

チャンピオンズリーグはWOWOWで独占放送&配信!
>>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら

伝統の一戦クラシコはWOWOWで生中継!
>>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら