【明治安田生命J1リーグ第33節】
2021年10月24日(日)
17:00キックオフ
川崎フロンターレ(1位/81pt) vs 清水エスパルス(15位/32pt)
[等々力陸上競技場]

◆連覇へのカウントダウンなるか【川崎フロンターレ】

前節は中断前の2日、FC東京との“多摩川クラシコ”で1-0と勝利を収め、リーグ戦の連勝を6に伸ばした。

2位の横浜F・マリノスとの勝ち点差は9。直接対決を最終節に残しているが、連覇へのカウントダウンがスタートしていると言って良いだろう。

連覇を確実なものにしたい川崎Fだが、ここまではAFCチャンピオンズリーグ(ACL)、YBCルヴァンカップとカップ戦で敗退。4冠を目指した中で、すでに2つのタイトルを失ったことは満足できないだろう。

しかし天皇杯は残っている。こちらも連覇が懸かるだけに、リーグとの2冠は手中に収めたいところ。来週ミッドウィークに天皇杯があるが、そこに良い形で入りたいはずだ。

そしてこの試合に勝利すれば勝ち点は「84」に。昨シーズンの「83」を上回ることが確定し、最強と呼び声の高かった昨季を超越できる。敵は自分たちにあると言える中、連勝を伸ばして連覇へとまた一歩近づきたい。

★予想スタメン[4-3-3]
GK:チョン・ソンリョン
DF:山根視来、ジェジエウ、谷口彰悟、登里享平
MF:脇坂泰斗、橘田健人、旗手怜央
FW:家長昭博、レアンドロ・ダミアン、マルシーニョ
監督:鬼木達

◆謎のループにハマれば今節は勝ち点獲得か【清水エスパルス】

前節は残留を争うライバルの柏レイソルにホームで0-1と敗戦。手痛い敗戦を喫することとなってしまった。

また、1試合おきにくる黒星の流れから脱せず。後半戦の不思議なループに入った結果、降格圏のチームが猛然と追い上げを見せており、気がつけばどっぷりと残留争いに浸かる可能性が出てきてしまった。

降格圏の徳島ヴォルティスとは勝ち点差「2」。最下位とも勝ち点差「7」となり、この辺りでやはり勝ち点3が欲しいところ。追い上げに負けじと、逃げることができるかが重要になる。

とはいえ今節の相手は首位の川崎F。今季は2度対戦して連敗を喫している相手。さらに、2015年以来リーグ戦では勝利がない。天皇杯では先制されながらも追いつくことはできた。その戦いをリーグ戦でも見せ、今節はループに乗って勝利か引き分けで勝ち点を得たいところだ。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:権田修一
DF:原輝綺、ヴァウド、井林章、片山瑛一
MF:西澤健太、松岡大起、ホナウド、カルリーニョス・ジュニオ
FW:藤本憲明、チアゴ・サンタナ
監督:ミゲル・アンヘル・ロティーナ

ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
>>詳しくはこちら