リバプールのイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンがライバル相手の勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。

リバプールは24日にオールド・トラッフォードで行われたプレミアリーグ第9節でマンチェスター・ユナイテッドと対戦。伝統的なライバル関係にある両者の戦いには大きな注目が集まったが、試合は終始リバプールが一方的なペースで進め、終わってみれば5-0の圧勝を飾った。

これにより、リバプールはプレミアリーグ9試合でいまだ負けがなく、順位も首位チェルシーを1ポイント差で追う2位につけている。

この試合で見事なアシストを記録したヘンダーソンは公式サイトのインタビューで、チームが素晴らしいパフォーマンスを発揮できたと自賛。また、ハットトリックを達成したFWモハメド・サラーと、スタメンに抜擢され優れたプレーを見せた新加入のDFイブラヒマ・コナテにも称賛の言葉を送っている。

「最初から最後まで素晴らしいパフォーマンスだった。僕たちにとって重要なクリーンシートも達成できたしね。もちろん、素晴らしいゴールもいくつかあった。本当に嬉しい日であり、大きな一歩を踏み出せたと思う」

「自分たちのフットボールをすること、激しいプレーをすること、ボールを奪い返したときに早めに前に出ることが非常にうまくいった。そして、ゴール前での勝負強さが違いを生み出したね」

「(サラーのプレーは)信じられない。彼に今更何かを付け加えることはないけれど、本当に特別な選手だ。できることなら彼がこれからもこの状態を維持してゴールを決め続け、チームのためにハードワークを続け、今のようなプレーを続けて欲しいね」

「彼(コナテ)はとても素晴らしかった。僕たちには非常に優秀なセンターバックが何人もいるから出番を得るのが難しいけど、今日の彼はトップクラスだったよ。オールド・トラフォードでクリーンシートを達成するなら、そうでなければならない。彼のためにもチームのためにも、今日のクリーンシートはとても大きな意味があった」

また、ヘンダーソンはオールド・トラフォードに約3000人のリバプールファンが詰めかけたことに言及。無観客の状態で勝利を収めた昨シーズンとはまったく違う感覚だと強調している。

「スタジアムにファンがいるのといないのとでは全然違うね。ファンが戻ってきたことで、この状況をよりよく理解できるようになった。誰もいないスタジアムでプレーしたこともあったが、それとは全くゲームの種類が異なる。ファンが戻ってきたことは素晴らしいし、満員の観客の前で勝てたのは僕らにとって特別だ」

チャンピオンズリーグはWOWOWで独占放送&配信!
>>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら