離脱が続いているバルセロナのスペイン代表MFペドリ(18)だが、復帰まではまだ時間が掛かるようだ。スペイン『アス』が伝えた。

昨シーズンはバルセロナでフル稼働したペドリ。スペイン代表としてもユーロ2020に出場すると、その後はU-24スペイン代表として東京オリンピックでも戦い、銀メダル獲得に貢献した。

ペドリに関しては、プレーし過ぎという指摘の声も挙がる中、シーズンの開幕から2試合に先発出場。しかし、9月14日のチャンピオンズリーグ(CL)初戦のバイエルン戦で負傷すると、9月29日のCLベンフィカ戦を最後に、出場していない。

ジムでのトレーニングやリハビリを行っている姿が確認されていたが、24日にシウタ・エスポルティバでの午前中のトレーニングで途中退場。再び負傷してしまったようだ。

25日に受けたMRI検査では、大腿四頭筋にまだ問題があるとのこと。ケガの再発とはならないものの、負荷を下げて、リハビリのプロセスを緩める必要があるようだ。

バルセロナのメディカルチームは、11月のインターナショナル・マッチウィーク明けの復帰を目指しているとのこと。11月20日に予定されているラ・リーガ第14節のエスパニョール戦をターゲットにしているようだ。

チャンピオンズリーグはWOWOWで独占放送&配信!
>>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら