トッテナムは4日、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)・グループG第4節でフィテッセとホームで対戦し、3-2で勝利した。

直近のマンチェスター・ユナイテッド戦で0-3の惨敗を喫してリーグ連敗のトッテナムは、1日にヌーノ前監督を電撃解任。そして、翌日には前インテル指揮官のコンテ監督を新指揮官に招へいした。

そして、稀代のイタリア人指揮官は準備期間2日で、前回対戦で敗れているフィテッセ相手の初陣に臨んだ。

7日にエバートン戦を控える中、コンテ監督は戦術の浸透のためにベストメンバーと思われる主力を起用。GKにロリス、3バックに右からロメロ、ダイアー、ベン・デイビス。中盤はエメルソンとレギロンの両ウイングバックに、スキップとホイビュルクの2セントラルMF。前線は1トップのケインの下にルーカス・モウラとソン・フンミンを並べる[3-4-2-1]の布陣を採用した。

新指揮官を盛大に迎え入れたホームサポーターの後押しを受けホームのトッテナムが積極的な入りを見せる。開始2分にはロメロの縦パスに反応したソン・フンミンがボックス右でGKを外して右足のシュートをw区に飛ばすが、これは相手DFのゴールカバーに遭う。

以降は布陣変更や戦い方の変化による細かいミスが散見され、前回対戦同様に縦への推進力を見せるアウェイチームに押し返される。それでも、14分には高い位置まで侵攻したホイビュルクの2度目のショートスルーパスがルーカスに繋がり決定機。

ボックス内でのシュートは相手GKの好守に遭うが、こぼれ球に詰めたケインがブロックしたボールがボックス右でフリーのソン・フンミンの足元へ。ここですかさず右足を振り抜くと、ゴールカバーに入ったDFの足元をすり抜けたボールがゴール左隅へ決まった。

幸先よく先制に成功したトッテナムは畳みかける。20分にはボックス左で鮮やかなダブルタッチでシュートコースを作り出したソン・フンミンが左ポスト直撃のシュートを放つ。直後の22分には自陣中央のホイビュルクが縦に差し込んだボールをルーカスがフリックでケインに繋ぐと、少し運んでから背後へ出した完璧なスルーパスに反応したルーカスが相手の背後を取り、最後はGKとの一対一を難なくモノにした。

対戦相手のレベルは大いに考慮すべきも、縦への意識や攻撃の躍動感でヌーノ体制と大きな違いを早くも見せるトッテナム。28分にはその変化を窺わせる形からゴールを奪う。左サイド深くに抜け出したレギロンがボックス付近まで運んでマイナスのパスを入れると、これに反応したのは3バックの左に入ったベン・デイビス。ワンタッチでゴール前に入れたボールにケインが詰めると、DFラスムセンのオウンゴールを誘った。
30分までに3ゴールを重ねる最高の滑り出しを見せたが、今季安定感を欠くチームは課題も露呈。32分には相手の左CKの場面でダイアーが競り負け、直前にオウンゴールを献上したラスムセンに豪快なヘディングシュートを右隅へ叩き込まれる。さらに、39分には自陣右サイドをあっさりと崩されると、ボックス左からベロに右足のコントロールシュートをゴール右下隅へ流し込まれ、瞬く間に1点差に迫られた。

攻守両面で課題が出た前半を3-2のスコアで終えたトッテナムは、コンテ監督の下でハーフタイムに修正を施す。だが、立ち上がりの52分には途中出場のオペンダにボックス右から際どいシュートを打たれ、GKロリスのビッグセーブで辛くも凌ぐなど、なかなかリズムを掴めない。

すると、60分にはオペンダと入れ替わられかけたロメロがファウルで突破を止めると、この試合2枚目のカードをもらって痛恨の退場処分となった。これを受け、チームは[4-4-1]の布陣に変更した。

ここから押し込まれる苦しい状況が続き、69分にはセットプレーの二次攻撃からバズールに枠の右隅を捉えた決定的なシュートを許すが、ここはGKロリスのビッグセーブで凌ぐ。そして、直後の72分にはソン・フンミン、ルーカス、スキップを下げてダビンソン・サンチェス、ウィンクス、エンドンベレを一気に投入。[5-3-1]の形に変更し、逃げ切りを意識した戦い方にシフトした。

だが、試合はここから思わぬ展開に。81分にケインをホールディングで止めたドゥーヒに2枚目のカードが出されて退場となり、フィテッセにも退場者が出ると、直後の85分にはエメルソンのカウンターからのシュートをボックス外に飛び出したGKシューベルトが手を使って防いだとの判定で一発退場に。

これによってトッテナムは数的優位を得ることに。これでようやく苦境を脱したホームチームは、試合終了間際に途中出場のロ・チェルソに続けて決定機が訪れたものの、試合を決める4点目を決め切ることができない。

それでも、両チームを通じて3人の退場者を出した乱戦を辛くもモノにしたトッテナムが、攻守に多くの課題を残しながらもコンテ体制初陣を白星で飾り、グループGの2位に浮上している。

トッテナム 3-2 フィテッセ
【トッテナム】
ソン・フンミン(14分)
ルーカス・モウラ(22分)
オウンゴール(28分)
【フィテッセ】
ラスムセン(32分)
ベロ(39分)