大宮アルディージャは8日、MF大山啓輔の負傷を発表した。

クラブの発表によると、大山は10月24日に行われたトレーニングマッチで負傷。右ヒザ内側側副じん帯損傷と診断されたとのこと。全治は4〜6週間とのことだ。

大山は今シーズンの明治安田生命J2リーグで19試合に出場していた。

大宮は現在17位に位置。熾烈な残留争いを強いられている中で、手痛い離脱となった。