電撃的にバルセロナへと復帰することが決まったブラジル代表DFダニエウ・アウベス(38)が、復帰への心境を綴った。

バルセロナは12日、2008年7月から2016年7月まで在籍したダニエウ・アウベスの復帰で合意したことを発表した。

セビージャから加入したダニエウ・アウベスは、右サイドバックを主戦場に、バルセロナのレギュラーに定着。公式戦391試合に出場し21ゴール101アシストを記録していた。

8シーズンの在籍で、ラ・リーガ6回、チャンピオンズリーグ3回、コパ・デル・レイ4回など、23のタイトル獲得に貢献。黄金時代を築いた1人として知られている。

その後はユベントスやパリ・サンジェルマン(PSG)でプレーすると、2019年8月からは母国のサンパウロでプレー。トップ下のポジションで躍動するなどし、今年は東京オリンピックにも出場して金メダルを獲得していた。

しかし、クラブとの給与問題が明るみに出て9月に退団。その後はフリーとなっていたが、チャビ・エルナンデス新監督の下で再建に動くバルセロナへと復帰が決まった。

ダニエウ・アウベスは、自身のインスタグラムでバルセロナ復帰の心境を綴り、カンプ・ノウのエンブレムへキスする写真とともに投稿した。

「その瞬間を迎えるまで約5年間、狂ったように戦い続けた」

「こんなに長く続くとは思わなかったし、こんなにも大変だとは思わなかった。でも、心の中で、魂の中で、この日が来ることは分かっていた」

「僕は、帰ることができなかった家に帰る。『僕はみんなの中の1人だ。この夢がいつまで続くかわからない。でもそれが続いている間は永遠かもしれない』と出発する前に言ったようにね」

「最初の時と同じような熱意で“世界最高のクラブ”の再建に貢献したいという同じ気持ちだ。僕が最も魅了される場所で、また会おう!」

「僕は僕の家に帰る」



チャンピオンズリーグはWOWOWで独占放送&配信!
>>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら