ギリシャのPAOKテッサロニキに所属する元日本代表MF香川真司とフランクフルトに所属する元日本代表MF長谷部誠がドイツの地で再会を果たした。

長く日本代表の主軸として活躍した2人。2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)、2018年のロシアW杯では共に戦い、香川がドルトムントに所属していたときにはドイツで対戦もしていた。

今年1月にPAOKに移籍した香川だが、9月に行われた今シーズンのリーグ開幕節を最後に出場機会がない状況。復活に期待がかかるなか、長谷部の元を訪れたようだ。

香川は15日、自身のインスタグラムを更新。「長谷部さんに会いにフランクフルトへ。Lunch→Cafe→ dinner。ハセさんと色々話が出来た事で充実した1日でした。タピオカ好きの可愛い先輩ありがとうございました」と綴り、先輩と会ったことを報告。投稿には、香川の言葉通り2人でタピオカ入りのドリンクを手に持ち笑顔の写真もアップされている。

一方の長谷部も、「可愛い後輩」と香川とのツーショットを自身のインスタグラムに投稿すると、2人と一緒に戦ってきたFW岡崎慎司(カルタヘナ)も「いいなー」と反応している。

日本を代表する2人の再会には、岡崎だけでなくファンも興奮。「ワールドクラス」「大好きなコンビ」「このツーショットは胸熱」「どんな会話されたのか気になります」と多くの反響が集まった。

代表ウィークの休暇を先輩と過ごした香川。クラブでの苦境を何とか乗り越えたいところだ。