16日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第6節のベトナム代表vsサウジアラビア代表が行われ、0-1でサウジアラビアが勝利した。

ここまで4勝1分けの無敗でグループ首位に立つサウジアラビアと、5連敗でグループ最下位に沈むベトナムの対戦。

首位のサウジアラビアは、前節は2位のオーストラリア代表と対戦し、0-0のゴールレスドローに。一方のベトナムは、日本と対戦し、0-1で敗戦となっていた。

首位のサウジアラビア代表は、アウェイでベトナム代表と対戦。立ち上がりから、縦に早い攻撃を仕掛け、ブロックを引くベトナムの守備を破りに行く。

ベトナムは日本戦と同様に5バックを敷く[5-3-2]でプレー。サウジアラビアは[3-4-3]の形でポゼッションしながら攻め込んでいく。

ベトナムはそれほど激しくプレスをかけに行かないものの、自陣に入ってきてからはボールサイドに人数をかけていく守備でポゼッションするサウジアラビアをハメに行く。

サウジアラビは時間を掛けながらも、ボックス付近ではペースを上げ、クロスから空中戦でゴールを目指すなど、手を尽くしていく。

するとサウジアラビアは31分、ファハド・アル=ムワラッドがドリブルで持ち出すと、ボックス右から浮き球パス。これをニアサイドでサレー・アル=シェフリが体を投げ出しヘッド。GKがセーブしたかに思われたが、ラインを割っていたと判断され、サウジアラビアが先制する。

サウジアラビアが1点リードして迎えた後半。ベトナムはブロックを引きながらもドリブルで持ち運ぶなど、攻勢に出ていく。

サウジアラビアはボールを繋ぎながらも、徐々にズレが生まれ、なかなか効果的に攻め込むことができず。焦れる状況が続いていく。

それで57分、サウジアラビアは左CKからのクロスが流れて逆サイドへ。これをダイレクトでクロスを上げると、ヘディングでの折り返しがゴールへ飛ぶが、クロスバーに嫌われる。

ベトナムも素早くパスを繋いでサウジアラビアゴールに迫っていくが、決定機を作るまでには至らない。すると76分、サウジアラビアが追加点を奪う。

ベトナムのボックス内でアル・ブライカン がグエン・タイン・チュンにチャージしてボールを奪うと、素早くグラウンダーのクロス。これをアル=ムワラッドがフリーで蹴り込み追加点を奪う。しかし、ゴールに繋がる前のシーンにVARが介入。主審のオン・フィールド・レビューの結果、ファウルが認められ、ゴールは取り消しとなった。

そのベトナムは85分にビッグチャンス。ボックス左でボールを持ったグエン・バン・トアン がドリブルで突破。ボックス内に侵入しようとしたところでアブドゥレラー・アル=マルキに倒される。主審のホイッスルが鳴ったが、これはシミュレーションと判定。グエン・バン・トアン にイエローカードが提示された。

ベトナムは最後までサウジアラビアゴールを目指してプレー、92分には左からのクロスを胸で前に送ると、ファン・バン・ドゥクがボックス内で豪快にシュートも枠外に飛ぶ。

その後もCKからサウジアラビアゴールに迫るが、最後まで枠に飛ばず。サウジアラビアが0-1で勝利を収め、勝ち点を16に伸ばした。一方のベトナムは善戦も、予選6連敗となった。

ベトナム代表 0-1 サウジアラビア代表
【サウジアラビア】
サレー・アル=シェフリ(前31)