バイエルンのドイツ代表MFトーマス・ミュラーが同僚のポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキをいじった。

バイエルンの英語版ツイッターは17日、レヴァンドフスキが4年前に髪をシルバーに近い金髪にした時の写真を掲載。「レヴィが金髪になってから4年。ゴールデンプレーヤーのためのゴールデンヘア」とエースの過去を振り返った。

すると、ミュラーがこれに返信。「インターネットは何も忘れさせてくれない」とレヴァンドフスキの金髪を“黒歴史”扱いした。

ただ、いじったミュラーに対しては、バイエルンの英語版ツイッターがまさかの反撃。レンズが片方ないサングラス姿ではっちゃける写真とともに「本当だね」とコメントし、フォロワーたちを笑わせている。

当時は、3カ月もたたないうちに黒髪に戻していたレヴァンドフスキ。それ以降は黒髪のままだが、再び金髪にすることはなさそうだ。