パリ・サンジェルマン(PSG)のマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、"MNM"トリオに絶対的な信頼を寄せているようだ。イギリス『ミラー』がフランス『レキップ』を引用してコメントを伝えた。

アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ブラジル代表FWネイマール、フランス代表FWキリアン・ムバッペという世界屈指の3トップ擁するPSG。このトリオは3選手の頭文字を取って"MNM"と呼ばれており、今季の公式戦ではチーム総得点「37」のうち27ゴールに関与している。

しかし、そのなかでもメッシとネイマールはそれぞれ3ゴールずつしか決めておらず、かつ守備時の貢献度が低いためには批判を浴びることも少なくない。守備陣にも豪華なメンバーを揃えているにも関わらず、ここまで18試合で19失点を喫していることから、3人の同時起用は高リスクだと言われている。

それでもポチェッティーノ監督は、"MNM"の持つ才能を絶賛。不調でも補って余りある実力を備えているとして、スタメンから外す意思はないことを強調した。

「彼らは世界最高の選手だ。なぜピッチから外す必要があるのだ?」

「たとえ期待通りのプレーができなくても、彼らの才能をもってすれば、いつでも決定的な役割を果たすことができる。だからこそ、クラブは彼らと契約するために財政的な努力をしたのだ」

「この類の選手は、他の選手と同じように評価することができない。なぜなら彼らは別格だからだ」


チャンピオンズリーグはWOWOWで独占放送&配信!
>>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら