ミランに所属するフランス代表GKマイク・メニャンが、26日に行われるセリエA第14節のサッスオーロ戦で復帰する可能性があるようだ。イタリア『コリエレ・デラ・セーラ』が報じている。

メニャンは9月15日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)第1節のリバプール戦で左手首を負傷。同選手は以降の公式戦5試合にもフル出場していたが、10月13日に受けた精密検査で左手首のじん帯に損傷が確認されると、すぐに手術を実施し全治10週間と診断されていた。

『コリエレ・デラ・セーラ』によれば、メニャンは順調な回復を見せており、手術を担当したロリス・ペゴーリ医師からも復帰の許可が出ているとのこと。もちろん最終的な判断はステファノ・ピオリ監督に委ねられているが、早ければ今週末のサッスオーロ戦で復帰できる可能性もあるようだ。

今夏、リールから加入したメニャンは、イタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマに代わる正GKとして十分なパフォーマンスを披露。公式戦9試合に出場し、3度のクリーンシートを達成していた。

チャンピオンズリーグはWOWOWで独占放送&配信!
>>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら