チェルシーのトーマス・トゥヘル監督がチームの負傷者について明かした。クラブ公式サイトが伝えている。

今季のプレミアリーグで首位を走るなか、チャンピオンズリーグ(CL)でもグループH3勝1敗の2位と突破に突き進むチェルシー。23日に行われる第5節ではホームに首位のユベントスを迎え撃つ。

引き分けでも突破が決まる一戦だが、負傷欠場が続くベルギー代表FWロメル・ルカクに復帰の可能性があるようだ。トゥヘル監督は試合前の会見で「ロメルについてはまだわからない」としつつ、復帰を示唆している。

「昨日はチームのトレーニングに参加していて、大丈夫そうに感じた。なので、様子を見てみよう。彼は今日、メディカルスタッフやフィジカルコーチとコミュニケーションを取り、様子を見ながら次のトレーニングを検討しているところだ。我々は20人の選手を試合に連れていくことができ、もしかしたら彼も最後の数分だけ試合に出られるかもしれない」

また、ドイツ人指揮官は20日に敵地で行われたプレミアリーグ第12節のレスター・シティ戦で負傷交代したイタリア代表MFジョルジーニョとドイツ代表MFカイ・ハヴァーツ、そして欠場続くドイツ代表FWティモ・ヴェルナーやクロアチア代表MFマテオ・コバチッチの状況についても語った。

「ジョルジは確実に大丈夫だ。カイはハムストリングの問題で休ませなければならなかった。彼はハムストリングに少し張りを感じていたので休ませたが、少しばかり疑問が残る。彼が問題なくトレーニングできるかを確認する必要があるので、多少のクエスチョンマークがつくだろう」

「ティモは良い感じで、昨日のトレーニングも参加していた。マテオ・コバチッチはまだ休んでいる」

チャンピオンズリーグはWOWOWで独占放送&配信!
>>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら