チャンピオンズリーグ(CL)でグループステージ突破を決めたチェルシーだが、その代償は小さくないかもしれない。

23日にCLグループ第5節でユベントスと対戦したチェルシー。25分にDFトレヴォ・チャロバーのゴールで先制すると、後半立ち上がりには立て続けに2点を追加。さらに後半アディショナルタイムには、負傷明けのFWティモ・ヴェルナーにもゴールが生まれ、4-0の快勝を収めた。

これでユベントスを抜いてグループ首位に躍り出るとともに、ベスト16入りも決めたチェルシーだが、この一戦でMFエンゴロ・カンテとDFベン・チルウェルが負傷。前半半ばに交代したカンテは去り際にファンに向かって拍手をしながら無事をアピールしていたが、チルウェルは医療スタッフに肩を借りての交代となった。

試合後、トーマス・トゥヘル監督は両選手について以下のように話している。

「チリー(ベン・チルウェル)は膝に鋭い痛みを抱えていて、とても苦しそうだった。今は少し状態も良くなってきたが、明日、より正確な検査を行う予定だ。最善を尽くしたいし、それほど悪いニュースにはならないと思う」

「エンゴロも同じだ。ヒザを少しひねったが、それほど悪くないことを願っている。この2つだけが、今日の悲しいことだった」

この試合では、上述のヴェルナーや、足首の負傷で長期離脱していたFWロメル・ルカクがベンチ復帰を果たしていたチェルシー。しかし、再び痛手を被ることになってしまったようだ。

チャンピオンズリーグはWOWOWで独占放送&配信!
>>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら