リーズ・ユナイテッドは、チェルシーのイングランド代表MFロス・バークリー(27)の獲得を考えているようだ。イギリス『エクスプレス』が伝えている。

リーズは今夏ウェールズ代表MFダニエル・ジェームズやスペイン人DFジュニオル・フィルポらを獲得したものの、ここまでプレミアリーグ2勝5分け5敗で17位に低迷。12試合で12得点と得点力不足にも陥っており、巻き返しを図るべく1月の移籍市場で攻撃的MFの獲得を狙っているとのこと。

そこで、今季チェルシーで公式戦238分の出場にとどまっているバークリーに着目。最近は徐々に出場機会も増えてきてはいるが、同時にMFルベン・ロフタス=チークも調子を上げてきていることから、それでも出場時間は限られている状況だ。

また『エクスプレス』によると、リーズは今夏の移籍市場で5000万ポンド(約77億円)を投じたため、冬はレンタルを優先したい考えとのこと。ただ、バークリーには複数クラブからの関心が伝えられているため、早急な判断が必要になると、同メディアは指摘している。

夏にチェルシーのスコットランド代表MFビリー・ギルモア(現在はノリッジ・シティにレンタル)、ハダースフィールドのイングランド人MFルイス・オブライエンを取り逃したリーズだが、今度こそ中盤の補強にこぎ着けられるだろうか。

なお、移籍が実現すれば、8年ぶりのリーズ加入となる。

チャンピオンズリーグはWOWOWで独占放送&配信!
>>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら