サンプドリアの日本代表DF吉田麻也が回復を報告した。

日本代表の守備の要として、そしてキャプテンとしてカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選を戦っている吉田。サンプドリアでも守備の要として、セリエAでは先発フル出場を続けていた。

しかし、11月シリーズの代表活動後に負傷していたことが判明。21日に行われたセリエA第13節のサレルニターナ戦は大事を取って欠場。チームは4試合ぶりに勝利し、シーズン3度目のクリーンシートを達成していた。

ヒザを負傷していたとされる吉田だが、自身のインスタグラムを更新。既にトレーニングに復帰していることを報告した。

「少し膝を痛めましたがもう練習復帰しております!ご心配おかけしました!」

昨シーズンもフル稼働した吉田は、今夏は東京オリンピックにオーバーエイジとして出場。終了後には間も無くシーズンが開幕し、その後は3度アジアとイタリアを行き来するなど、体への負担は計り知れない。

この報告にはファンも「無理せずに回復管理しながら頑張ってください」、「大事になら無くて良かった」、「安心しました!」、「無理だけはしないでください!!」と、日本の大黒柱の復帰に安堵する声が多く寄せられた。