インテルは27日、セリエA第14節でヴェネツィアとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。

前節ナポリに打ち勝った3位インテル(勝ち点28)は、3日前に行われたチャンピオンズリーグのシャフタール戦を快勝とし、グループステージ突破を決めた。そのインテルはジェコとホアキン・コレアの2トップで臨んだ。

前々節ローマを下した2連勝中の14位ヴェネツィア(勝ち点15)に対し、インテルがボールを持つ展開で推移すると12分、ブロゾビッチがコントロールシュートでオンターゲットを記録。

その後も敵陣でゲームを組み立てたインテルは34分に押し切る。ボックス手前左からチャルハノールが右足を一閃。ゴール左へミドルシュートを突き刺した。

インテルが1点をリードして迎えた後半、54分にジェコがカットインシュートでオンターゲットを記録。

そのインテルは58分、コレアに代えてラウタロを投入。すると61分に追加点のチャンス。右CKからシュクリニアルのヘディングシュートが枠を捉えたが、ゴールラインのDFにカットされた。

終盤にかけても攻め込み続けたインテルは、追加タイムに相手のハンドでPKを獲得。このPKをラウタロが決めて勝負を決定付けた。

明日、試合を行う首位ナポリ、2位ミランに暫定1ポイント差とし、プレッシャーをかけている。


チャンピオンズリーグはWOWOWで独占放送&配信!
>>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら