ローマのジョゼ・モウリーニョ監督がチームのパフォーマンスを称えた。クラブ公式サイトが伝えている。

ローマは28日に行われたセリエA第14節でトリノと対戦した。公式戦連勝中のチームはこの日も32分にFWタミー・エイブラハムのゴールで先制に成功。後半には攻勢に出た相手にボールを握られるも、身体を張った守備でピンチを凌ぎ切り、1-0で勝利した。

この結果、公式戦3連勝と好調のローマはリーグ5位につけており、トップ4をうかがう状況となっている。

試合後のインタビューに応じたモウリーニョ監督はクリーンシートを達成したチームに対して満足感を露わに。大量得点で勝利するよりも、こうした勝利を好むと語った。

「我々はいつもよりラインを少し深めに設定した。相手の2人のセンターバックもとても深い位置にいて、2人のフォワードを持つ我々が相手にプレッシャーをかけるのは簡単ではない」

「彼らは守備力の高いチームだが、2点目を取ることはできたと思う。そうすれば、終盤にもう少し違ったプレーができただろう。とはいえ、私はこのような形での勝利をとても気に入っている。試合終了後には選手たちに対して、『5-0で勝つよりも好きだ』と言ったよ」

「(ブライアン・)クリスタンテや(ジョルダン・)ヴェレトゥはいなかったが、(アマドゥ・)ディアワラは良い試合をしたし、(ヘンリク・)ムヒタリアンも素晴らしかった。本来のポジションでプレーしていなかった(カルレス・)ペレスも良くやったね。選手たちには本当に満足しており、これはチームの勝利だ」

「我々が上手く守ったことは重要だった。もう1点は欲しかったが、全員がピッチ全体でしっかり守っており、試合が終わったとき私はこういう勝利がとても好きだと思ったよ。ジェノア戦やゾリャ戦では、今日と違うタイプの勝利だった」

また、モウリーニョ監督はチームがこれからも向上していくと強調。ミッドウィークに行われるセリエA第15節のボローニャ戦に向け、早くも気を引き締めている。

「我々の順位表の上にも下にも素晴らしいチームがいるが、チームは前に進み続ける。水曜日には友人のシニシャ・ミハイロビッチに会うのが楽しみだが、ボローニャ戦は厳しい試合になるだろう」