プレミアリーグ第15節、ウェストハムvsチェルシーが4日にロンドン・スタジアムで行われ、ホームのウェストハムが3-2で逆転勝利した。
 
前節、ブライトン相手に逃げ切りに失敗して直近のリーグ戦2敗1分けと失速傾向の4位ウェストハム(勝ち点24)は、4試合ぶりの白星を目指した首位チームとのロンドン・ダービーに向け先発2人を変更。フォルナルスとベンラーマをベンチに置き、ディオプとランシーニを起用。[3-4-2-1]へ並びを変更した。
 
一方、マンチェスター・シティとリバプールと三つ巴の覇権争いの真っただ中にいる首位のチェルシー(勝ち点33)は、前節にワトフォードに辛勝して2試合ぶりの白星を手にした。難敵相手に連勝を狙う今回のアウェイゲームでは前節から先発4人を変更。負傷のチャロバーに代えてチアゴ・シウバ、アスピリクエタとサウール、プリシッチに代えてリース・ジェームズ、ジョルジーニョ、ツィエクが復帰した。
 
ホームチームが並びを合せたことで、ミラーゲームの形となった注目のダービーは、立ち上がりからハイインテンシティの攻防が繰り広げられていく。ボールを握るアウェイチームは中央を締める相手の守備に対して、中央のギャップでボールを引き出す味方を使いながら右サイドに張るリース・ジェームズを起点にツィエクやハヴァーツがフィニッシュに絡む。
 
対するウェストハムは後ろに重い戦いとなるが、アントニオやボーエンの推進力を生かしたカウンターでチャンスを窺う。9分にはそのアントニオのクロスからソウチェクが得意のヘディングシュートを放つと、以降は徐々に深い位置まで侵攻する場面を増やしてドーソンらのセットプレーからGKメンディを脅かす。
 
上位対決らしい膠着状態が続く中、チェルシーが相手のお株を奪うセットプレーから先にゴールをこじ開ける。28分、右CKの場面でキッカーのマウントが右足アウトスウィングの浮き球のボールを入れると、ゴール前にタイミング良く入り込んだチアゴ・シウバがピッチへ叩きつけるヘディングシュート。GKファビアンスキの手を弾いたボールが右ポストn内側を叩いてゴールネットを揺らした。
 
先にゴールを奪われたウェストハムだが、すぐさま反撃を開始。30分には相手を押し込んでの波状攻撃からボックス右のツォウファルが鋭い右足のシュートを枠に飛ばすが、GKメンディの横を抜けたボールは先ほど先制点を挙げたDFチアゴ・シウバのゴールカバーに阻まれる。
 
だが、38分にはジョルジーニョからGKメンディへの不用意なバックパスに反応したボーエンがバックパスを手で扱えないメンディからボールを奪いかけたところで足をかけられて倒されてPKを奪取。これをキッカーのランシーニが冷静に左隅へ蹴り込んで40分の同点ゴールとした。
 
前々節のマンチェスター・ユナイテッド戦に続くジョルジーニョのミスでリードをフイにしたチェルシーだが、好調の生え抜きMFが魅せる。44分、中盤でライスのショートパスを引っかけたロフタス=チークが左サイドでフリーのツィエクに展開。ツィエクはボックス右へ走り込むマウントへ柔らかな浮き球のパスを送ると、マウントは自身の後方から出てきたボールに対して、右足インサイドを使った見事なダイレクトボレーでニア下を抜くファインフィニッシュ。ワトフォード戦に続く2試合連続の1ゴール1アシストを記録した。
 
その後、ウェストハムのベン・ジョンソンが筋肉系、チェルシーのハヴァーツが足首を痛めたことで、前者はマズアク、後者はルカクを投入する形で後半の戦いに臨む。前半同様に拮抗した展開が続くが、ホームチームが早い時間帯に試合を振り出しに戻す。
 
56分、ソウチェクの浮き球のフィードをアントニオが競ったこぼれ球をボックス右で回収したツォウファルが内側へ短く落とすと、これを受けたボーエンが左への持ち出しから得意の左足を一閃。DFクリステンセンの股間を抜けた鋭いシュートがゴール左隅へ決まった。
 
今季リーグ戦で初めての複数失点を喫して追いつかれたチェルシーは、引き続きサイドを起点に攻勢を仕掛けていくが、中央のルカクがなかなか存在感を示せずに攻撃が停滞。これを受け、トゥヘル監督はツィエクとマルコス・アロンソの左サイドのユニットを下げてハドソン=オドイ、プリシッチを続けて投入。この交代でプリシッチが右ウイングバック、ジェームズが左ウイングバックに入る形に。
 
一方、追いついたウェストハムは後半半ば過ぎに古巣対戦のズマが筋肉系のトラブルによりプレー続行不可能となり、71分にフォルナルスを投入。この交代で並びを[4-2-3-1]の形に戻した。75分には右サイドの深い位置まで運んだアントニオがボックス内に侵入し、決定的な折り返しを供給するが、ファーに詰めたボーエンのスライディングシュートはわずかに枠の左に外れた。
 
その後、試合は均衡状態が保たれたまま後半終盤に突入すると、思わぬ伏兵が試合を決める決定的な仕事を果たす。87分、相手陣内左サイドでのスローインの流れからボールを受けたマズアクがクロスを匂わせながら意表を突いてGKメンディが空けたニアサイドへシュートを狙う。すると、無回転気味のこのシュートがメンディの手を弾いてゴールネットを揺らした。
 
そして、マズアクのプレミアリーグ初ゴールによって試合を引っくり返したウェストハムがこのままリードを守り切り、3-2の逆転でダービーに勝利。リバプール戦に続く強豪撃破で4戦ぶりの白星を手にした。一方、今季リーグ戦最多3失点で競り負けたチェルシーは公式戦13試合ぶりの敗戦となり、今節での首位陥落の可能性が高まっている。