ラ・リーガ第16節、バルセロナvsベティスが4日にカンプ・ノウで行われ、アウェイのベティスが0-1で勝利した。
 
前節、ビジャレアルとの強豪対決を試合終盤の連続ゴールによって勝ち切った7位のバルセロナ(勝ち点23)は、今季初のアウェイゲーム勝利と共にラ・リーガ連勝を飾った。週明けに突破を懸けたチャンピオンズリーグ(CL)のバイエルン戦を控える中、今節は5位のベティス(勝ち点27)との上位対決に臨んだ。
 
チャビ監督はこの一戦に向けビジャレアル戦から先発3人を変更。ピケとエリック・ガルシア、フレンキー・デ・ヨングに代えてデスト、ラングレ、コウチーニョを起用。前線は右からアブデ、デパイ、コウチーニョという並びとなった。なお、ジョルディ・アルバはこの試合でバルセロナでの通算400試合出場を達成した。
 
ボールを握って主導権を掴んだバルセロナは、左ウイングで起用されたコウチーニョが個人技で局面を打開する場面を続けて作るなど、まずまずの入りを見せる。11分には左サイド深くに抜け出したアルバの折り返しに反応したコウチーニョがニアでワンタッチシュートを試みるが、これはGKルイ・シウバの好守に遭う。
 
その後はベティスが盛り返してカウンターからフィニッシュまで持ち込む場面を作り出すなど、試合は徐々に膠着状態に陥る。そういった中、30分過ぎにはベジェリンのクリアをもろに側頭部に受けたガビが脳震とうによってプレー続行不可能となり、ストレッチャーに乗せられてピッチを後にするアクシデントが発生。これを受け、リキ・プッチが36分にスクランブル投入された。
 
前半終盤はベティスの時間帯が続いたが、試合は0-0のイーブンのまま後半へ突入。バルセロナが前半同様に押し込む形となるが、ベティスもオフサイドで取り消しとなったものの、フアンミがゴールネットを揺らすなど良い形の仕掛けを見せる。
 
何とか先にゴールをこじ開けたいバルセロナは59分、コウチーニョとニコ・ゴンサレスを下げてデンベレとF・デ・ヨングという切り札2選手を投入。この交代で流れを引き寄せたバルセロナはデンベレの個人技を軸に相手ゴールへ迫り、60分過ぎにデンベレ、76分にもデンベレがボックス付近で際どいシュートを放つが、いずれも枠を捉え切れない。
 
すると、79分にはベティスが縦パス一本で右サイドを破ったカナレスがボックス右で複数のDFを相手にボールキープ。遅れてサポートに入ったテージョが冷静に左でフリーのフアンミにラストパスを送ると、フアンミがGKテア・シュテーゲンのポジションを見極めてゴール右下隅へシュートを流し込んだ。
 
押し込みながらも先に失点を許したバルセロナは82分にアブデ、ラングレを下げてピケとルーク・デ・ヨングを同時投入。ここからこれまでの地上戦に加え、空中戦を交えた攻撃でゴールをこじ開けにかかるが、集中力を切らさない相手の守備に対して、最後の局面で連携、プレーの質を欠きゴールが遠い。
 
そして、試合はこのままタイムアップを迎え、ベティスとの強豪対決に惜敗したバルセロナはチャビ新体制初黒星。運命のCLバイエルン戦に向けて弾みを付けることはできなかった。