ラ・リーガ第16節のアトレティコ・マドリーvsマジョルカが4日に行われ、1-2でマジョルカが勝利した。マジョルカの久保建英は74分からでプレーし、90分に今季初ゴールを記録している。

今週のミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)最終節のポスト戦を控える2位アトレティコ・マドリー(勝ち点29)は、前節のカディス戦から先発を5人変更。スアレスやカラスコ、レマルら主力を温存し、移籍後初先発のマテウス・クーニャやアンヘル・コレア、コンドグビアらが先発で起用された。

一方、先週のミッドウィークに行われたコパ・デル・レイ1回戦で4部相手に延長120分を戦った14位マジョルカ(勝ち点16)は、その試合から先発を9人変更し、イ・ガンインやイドリス・ババ、GKマノロ・レイナら主力を起用。久保は公式戦3試合連続のベンチスタートとなった。

立ち上がりからゲームをコントロールするアトレティコだったが、9分にアクシデント。プレー中に足を痛めたサビッチがプレー続行不可能となり、エルモソが緊急投入された。

すると15分、アトレティコは左クロスのこぼれ球をゴール前で拾ったアンヘル・コレアがトラップで浮かせたボールをジャンピングボレーで狙ったが、シュートは相手DFに当たり枠の右に外れた。

対するマジョルカは28分、右サイドからダイアゴナルに切り込んだダニ・ロドリゲスがスルーパスを供給すると、これに反応したアブドンがボックス手前からミドルシュート。

34分にもロングスローのセカンドボールからイ・ガンインにゴールを脅かされたアトレティコはハーフタイムにかけてはマジョルカに盛り返されるなど、主導権を奪われて前半を終えた。

迎えた後半、先にチャンスを作ったのはアトレティコ。54分、グリーズマンの左CKから走り込んだフェリペがヘディングシュートを合わせたが、これはゴール右に逸れる。

先制点が遠いアトレティコは、60分にグリーズマンとデ・パウルを下げてフェリックスとレマルを投入。すると68分、ロングパスに抜け出したアンヘル・コレアがボックス右深くから折り返しを供給すると、ゴール前のクーニャが詰める。シュートはミートしなかったが、バウンドしたボールを再びクーニャが足の裏で押し込んだ。

先制を許したマジョルカは、74分にアントニオ・サンチェスを下げて久保を投入。すると80分、中盤で獲得した左FKからイ・ガンインがクロスを上げると、ゴール前で競り合ったルッソがヘディングシュートをゴール左へ流し込んだ。

このまま試合終了かと思われたが、マジョルカは終了間際に勝ち越しに成功する。90分、相手FKのクリアボールからカウンターを仕掛けるとアンヘルのロングパスに抜け出した久保がドリブルでボックス内まで持ち上がり、冷静にゴールネットを揺らした。

結局、久保のゴールが決勝点となりマジョルカがアトレティコに逆転勝利。リーグ戦8試合ぶりの黒星を喫したアトレティコは、CLポルト戦に向けて弾みを付けることはできなかった。