EFLリーグ1(イングランド3部)の第21節、フリートウッドvsボルトン・ワンダラーズの一戦に珍しい侵入者が現れた。

昨今、選手との交流を試みようとピッチへの侵入者が相次いでいるが、今回の侵入者は人間ではなかった。

ホームのフリートウッドが1-0とリードして迎えた前半アディショナルタイム、ボルトンが自陣深くの左サイドでスローインを獲得すると、そのタイミングでピッチへと降り立ったのは一羽のアヒルだった。

試合中は大雨が降りしきっており、ちょうどいい天気だったのかもしれない。動物がサッカーのピッチに侵入することは稀にあるが、アヒルが降り立つは中々貴重だ。

試合は一瞬中断されたものの、アヒルはスタッフが誘導すると、そのまま外へと移動していった。

試合の様子を実況していたフリートウッドの公式ツイッターは、「ピッチへ侵入者が発生したため、プレーが中断されます。それはただのアヒルで、追い出されることはありません。アヒルはスタッフの1人よって注意深く移動され、プレーが続きます」と投稿。中々見られない内容にいつも以上の反響が集まっていた。

イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、この一戦はアヒルの侵入以外にも、照明の誤動作や悪天候によるスコアボードの損傷で計3回も試合が中断したという。

なお、試合は後半にも加点したフリートウッドが3-0で勝利を収めている。