プレミアリーグ第18節、トッテナムvsリバプールが、日本時間19日25:30にトッテナム・ホットスパースタジアムでキックオフされる。コンテ新体制初のビッグマッチに臨むスパーズと、公式戦8連勝と絶好調のレッズが対峙する注目の一戦だ。

トッテナム(勝ち点25)は今月5日に行われた第15節のノリッジ戦に3-0で快勝し、新体制で初となる3連勝を達成。1試合未消化ながら当時4位のウェストハムに2ポイント差に迫った。

しかし、その直後にクラブ内で新型コロナウイルスのクラスターが発生。一時は選手9名、スタッフ7名、ユースチームにも複数の感染が確認される窮地に陥り、トレーニング施設の閉鎖を強いられることに。これにより、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)のスタッド・レンヌ戦、第16節のブライトン戦が開催延期。その後、12日にはトレーニング再開にこぎ着けたが、16日開催予定だった第17節のレスター・シティ戦は対戦相手のクラスター発生によってまたしても延期。この結果、3試合未消化で暫定4位のアーセナルと4ポイント差の7位という立ち位置で、今回の仕切り直しの一戦を迎えることになった。

コロナ蔓延によってスタメンはおろか、当日のメンバーも予想困難な満身創痍の状態で戦うコンテ新体制初のビッグマッチではどのような戦いを見せられるか…。

一方、首位のマンチェスター・シティ(勝ち点41)、3位のチェルシー(勝ち点37)と共に三つ巴のリーグタイトル争いに身を置く2位のリバプール(勝ち点40)。他クラブに比べて、コロナ禍の影響を最低限に留めるクロップ率いるチームは、目下公式戦8連勝中と抜群の安定感を誇る。

第15節のウォルバーハンプトン戦(1-0)で公式戦連続複数得点記録が「18」でストップし、前々節のアストン・ビラ戦も1-0の最少得点差での辛勝となったが、直近のニューカッスル戦ではDFアレクサンダー=アーノルドの弾丸ミドルシュートを含む3ゴールを奪って3-1の逆転勝利。相変わらずの強さを見せつけている。そのニューカッスル戦ではDFファン・ダイクら3選手がコロナ陽性疑いにより欠場を強いられた点がやや気がかりも、良い状態で年内最後のビッグマッチに臨めるはずだ。

なお、直近の両者の対戦ではリバプールが目下6連勝と圧倒的な戦績を残しており、トッテナムが最後に勝利したのは2017年10月に4-1で勝利したゲームまで遡る。また、コンテ監督とクロップ監督はイタリア人指揮官がチェルシーを率いた時代に通算4度対戦しており、こちらは1勝1敗2分けの五分となっている。

◆トッテナム◆
【3-4-3】
トッテナム予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.
GK:ロリス
DF:ダビンソン・サンチェス、ダイアー、タンガンガ
MF:エメルソン、ウィンクス、エンドンベレ、レギロン
FW:ベルフワイン、ケイン、ソン・フンミン

負傷者:DFロメロ
体調不良者:DFエメルソン、ベン・デイビス、MFスキップ、ホイビュルク、FWソン・フンミン、ブライアン・ヒル、ルーカス・モウラ、スカーレット
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関しては長期離脱中のロメロが引き続き起用できない一方、トレーニングに復帰したレギロンに関しては起用の目途が立っている。

少なくとも9選手の新型コロナウイルス感染が確認されており、その回復具合によってスタメンの顔ぶれが大きく変わることになりそうだ。ただ、直近のトレーニングで姿が確認できなかったホイビュルクの欠場は濃厚と見られる。

それ以外では感染が報じられたベン・デイビス、スキップ、ルーカス・モウラのベンチスタートが有力な一方、エメルソンやソン・フンミンに関してはスタートからの起用が可能と見られる。

◆リバプール◆
【4-3-3】
リバプール予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.
GK:アリソン
DF:アレクサンダー=アーノルド、マティプ、コナテ、ロバートソン
MF:オックスレイド=チェンバレン、ヘンダーソン、ナビ・ケイタ
FW:サラー、フィルミノ、マネ

負傷者:GKアドリアン、DFフィリップス、MFエリオット、FWオリジ
体調不良者:DFファン・ダイク、MFファビーニョ、カーティス・ジョーンズ
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関してはエリオットら長期離脱組に加え、足首を痛めているオリジが引き続き起用できない。また、新型コロナウイルス感染の疑いで直近のニューカッスル戦を欠場したファン・ダイク、ファビーニョ、カーティス・ジョーンズの3選手に関しては最新の検査で陰性が確認されない限り、欠場となる見込みだ。

スタメンに関してはニューカッスル戦から中2日という過密日程を受け、幾つかのポジションでターンオーバーが想定される。チアゴに代えてナビ・ケイタ、ジョタに代えてトッテナムと相性が良いフィルミノの起用を予想。また、コンディション面への配慮が必要なマティプに代えてジョー・ゴメスを今季リーグ初先発で起用するプランもあるようだ。

★注目選手
◆トッテナム:FWハリー・ケイン
Getty Images
満身創痍のチーム状態の中、完全復活待たれるエースストライカー。昨シーズンは23ゴール14アシストという圧倒的な数字を残し、自身3度目の得点王と共に初のアシスト王をダブル受賞したイングランド代表のスキッパー。しかし、マンチェスター・シティへの移籍問題に揺れたプレシーズンを経て臨んだ今シーズンは、ここまで13試合1ゴール1アシストと、レギュラー定着後で最も低調な序盤戦となっている。ただ、ECLやイングランド代表ではきっちり数字を残しており、新指揮官コンテも「奇妙な状況」とエースのゴール日照りについて言及している。

それでも、チームとして崩しのアイデアが皆無だったヌーノ前体制とは異なり、現体制ではカウンターを軸に徐々にゴールへの道筋が整理されており、ケイン自身にも決定機の数自体は増えている。そのため、そろそろ本領発揮が期待されるところだ。

今回の一戦に向けては、相棒のソン・フンミン、ルーカスらがコロナから回復したばかりで多くを求めるのは酷な状況だ。そのため、普段以上にエースに懸かる責任は重い。試合前には「ユルゲン(・クロップ)はサラーを抱えていることを好んでいるが、私はハリーがチームにいることを好む。彼が自分のチームにいれば、より強いチームと感じられる」と全幅の信頼を示したイタリア人指揮官に報いる活躍を見せられるか。

◆リバプール:FWモハメド・サラー
Getty Images
アラン・シアラー超えを目指す絶好調のエジプト代表FW。昨シーズンは前述のケインにわずか1ゴール及ばず、自身3度目の得点王獲得を逃したサラー。しかし、今シーズンはそのライバルの大不振を尻目にいずれもリーグトップの15ゴール9アシストと圧巻のパフォーマンスを披露。

ここまでは昨年以上の個での打開力に加え、動き出しの質の向上、利己的なプレーが減ったことで、より相手守備にとって抑え辛いアタッカーに進化。また、DFファン・ダイクの復帰、アレクサンダー=アーノルドの復調といったチーム全体のレベルアップが個人の数字にも好影響を与えている印象だ。

そして、クリスマス前時点で24ゴールに関与した29歳FWは、1994-95シーズンに当時ブラックバーンのシアラーが記録した25ゴール(16ゴール9アシスト)という快記録超えを期して今回のビッグマッチに臨む。

リバプール加入後のトッテナムとのリーグ戦では8戦5ゴールと相性は良く、対戦相手のコンディションを考えれば、敵地と言えども間違いなく90分を通して優位にゲームを運べるはずだ。その中でコンテ新体制移行後、安定し始めた相手の堅固な5バックを攻略するエースの仕事を期待したい。

メッシがラ・リーガとCLで挙げた全ゴールとともに
バルセロナでの17年を振り返る!
>放送予定など詳しくはこちら