サンプドリアは19日、セリエA第18節でヴェネツィアをホームに迎え、1-1で引き分けた。サンプドリアのDF吉田麻也はフル出場している。

前節ジェノアとのダービーを3-1と快勝した14位サンプドリア(勝ち点18)は、吉田がフラットな[4-4-2]の右センターバックでスタメンとなった。

そのサンプドリアは開始1分に先制する。アウジェッロの左クロスをカプートがダイレクトで落とし、ボックス左のガッビアディーニがボレーで蹴り込んだ。

先制したサンプドリアが主導権を握る中、18分にはピンチを迎えたが、ボックス内に侵入したテスマンをGKアウデーロが止めた。

さらに32分、キジーヌの直接FKでゴールを脅かされるも、シュートはわずかに枠を逸れた。ハーフタイムにかけてはサンプドリアが押し込む流れとなった中、前半を1点のリードで終えた。

迎えた後半立ち上がり、トールスビーが決定的なヘディングシュートを放ったサンプドリアは守勢を強いられるも、62分に追加点のチャンス。

ヴェッレのミドルシュートのルーズボールをトールスビーが押し込みにかかるもシュートは枠を外れる。さらに73分、カプートのヒールパスを受けたボックス内のカンドレーバがシュートに持ち込んだが、GKにセーブされた。

終盤にかけてはサンプドリアが逃げ切りに向けて順調に試合を進めているかに思われたが、87分に同点とされる。

アドリエン・シウバのパスをカットされた流れからショートカウンターを受けると、最後はボックス手前からアンリに見事なコントロールシュートを決められた。

追加タイムにはカンドレーバのシュートが枠を捉える決定機があったものの、ゴールライン前のカルダーラにクリアされ、サンプドリアは勝ち越しならず。勝ち点1獲得に留まった。


レジェンド「ベッケンバウアー」がサカつくRTWに登場!
スペシャルログインボーナス開催
https://web.ultra-soccer.jp/link.php?url=https://ryan.onelink.me/C7cD?pid=worldsoccer2112%26af_web_dp=http%3A%2F%2Fsakatsuku-rtw.sega.com%2F%26c=worldsoccer2112%26is_retargeting=true%26af_inactivity_window=3d%26af_dp=ryan.app%3A%2F%2F&c=sega_20211215_rss_goo' target='_blank'>>>詳しくはこちら