アーセナルOBの元イングランド代表FWイアン・ライト氏が、日本代表DF冨安健洋の移籍に疑問を呈していた記者に謝罪を求めた。

ライト氏は、元フランス代表ティエリ・アンリ氏に次ぐ、アーセナル歴代2位の185得点を記録したクラブのレジェンド。現在はコメンテーターとして活躍をしている。

一方、冨安は今夏の移籍市場最終日にボローニャからアーセナルへ移籍。加入直後の第4節ノリッジ戦から右サイドバックで先発すると、そこから15試合連続で先発出場。同じく新加入のGKアーロン・ラムズデールらとともにアーセナルの守備に安定をもたらした。

そんな中、200万人を超えるフォロワーをもつライト氏は19日、自身のツイッターで1本の動画を投稿した。

その内容は、冨安のアーセナル加入決定直後に、イギリス『スカイ・スポーツ』の記者ケイヴ・ソルヘコル氏が番組内で「代理人から、冨安はプレミアリーグのほとんどのクラブに逆オファーした、というメッセージを受け取ったところだ。彼は良い選手だが、問題は彼が右サイドバックでもセンターバックでもないことだ。アーセナルでどうなるかは分からない」とやや笑いをまじえながら解説するシーンだった。

ライト氏は、この動画を引用しながら「軽蔑と同じくらい大きな声で謝罪を!!!!!」と綴っており、ソルヘコル氏に懐疑的な目を向けられながらも、右サイドバックとして確固たるパフォーマンスを見せてきた冨安へ謝罪をすべきだと攻撃した。

ライト氏の投稿には、多くのアーセナルサポーターからも「良く言ってくれた!」、「その通りだ」、「トミヤスが大好きだ」といったコメントが多く寄せられており、冨安は実力でOBやファンからの信頼を掴んだようだ。



レジェンド「ベッケンバウアー」がサカつくRTWに登場!
スペシャルログインボーナス開催
https://web.ultra-soccer.jp/link.php?url=https://ryan.onelink.me/C7cD?pid=worldsoccer2112%26af_web_dp=http%3A%2F%2Fsakatsuku-rtw.sega.com%2F%26c=worldsoccer2112%26is_retargeting=true%26af_inactivity_window=3d%26af_dp=ryan.app%3A%2F%2F&c=sega_20211215_rss_goo' target='_blank'>>>詳しくはこちら