チャンピオンズリーグ(CL)の公式ツイッターが2021年に生まれたスーパーゴールの数々を紹介。ハイレベルなゴール集に多くの反応が寄せられている。

CLの公式ツイッターは、年越しを前に「4つの素晴らしいシュート」と題して、2021年のCLで生まれたゴールを紹介。2020-21シーズンに決まったオリヴィエ・ジルー(チェルシー)、リオネル・メッシ(バルセロナ)と、2021-22シーズンに決まったチアゴ・アルカンタラ(リバプール)、アレックス・テレス(マンチェスター・ユナイテッド)の4つのスーパーゴールを動画で伝えている。

この投稿は「最も楽しんだゴールは?」とユーザーに投げかけられているが、反応を見る限りでは、意見が分かれているようだ。また、4つの候補に入っていないバイエルンのレロイ・サネがバルセロナ戦で決めた強烈なミドルシュートを推す声も多い。

なお、13日から17日にかけて行われたファン投票では、9月28日に行われた第2節マンチェスター・シティ戦でパリ・サンジェルマンのメッシが決めた強烈な左足ミドルが選ばれている。



メッシがラ・リーガとCLで挙げた全ゴールとともに
バルセロナでの17年を振り返る!
>放送予定など詳しくはこちら