ローマが、アーセナルのイングランド代表MFエインズリー・メイトランド=ナイルズ(24)の獲得に近づいているようだ。イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が報じている。

開幕前の段階でミケル・アルテタ監督の構想外と伝えられた24歳MFは、今季ここまで公式戦11試合に出場。しかし、その大半が短い時間の途中出場となっており、今冬のタイミングでの退団が有力視されている。

そして、そのメイトランド=ナイルズの獲得に興味を示しているのが、ジョゼ・モウリーニョ監督率いるローマだ。

今冬の移籍市場で右サイドとセントラルMFの補強に動いているローマは、それぞれサンプドリアのポーランド代表DFバルトシュ・ベレシュインスキ、ホッフェンハイムのオーストリア代表MFフロリアン・グリリッチュらをリストアップしている。

しかし、セントラルMFを主戦場に右サイドハーフでもプレー可能なユーティリティー性とポルトガル人指揮官好みのアスリート能力を併せ持つメイトランド=ナイルズは、その補強ポイントを一人で埋められるローマにとってお得な選手と言える。

ローマはすでに同選手の獲得に向け、1000万ユーロ(約13億円)程度の買い取りオプションを含めた半年間のレンタル移籍を打診している模様。個人間では大筋合意に至っており、今後はレンタル料や買い取り金額などクラブ間での細かい部分を詰めていくことになるようだ。

現在、ローマではDFクリス・スモーリング、FWタミー・エイブラハムと2人のイングランド人プレーヤーが活躍しているが、3人目としてメイトランド=ナイルズが加わることになるのか…。

ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
スマホやFire TV、PCやタブレットで楽しみ方いろいろ!
>詳しくはこちら