大宮アルディージャは27日、湘南ベルマーレのMF三幸秀稔(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。

三幸は千葉県出身で、JFAアカデミー福島から2012年にヴァンフォーレ甲府へと入団。2014年にはSC相模原へと完全移籍すると、2016年からはレノファ山口FCでプレーした。

霜田正浩監督の下でもプレー経験のある三幸は、山口時代はゲームメーカーとしてレギュラーでプレー。2020年から湘南でプレーするも、湘南では2シーズンでJ1通算18試合、リーグカップ5試合、天皇杯2試合と出番に恵まれなかった。

三幸はクラブを通じてコメントしている。

◆大宮アルディージャ
「大宮アルディージャの皆さま、はじめまして! 湘南ベルマーレから移籍してきました三幸秀稔です。大宮の選手として認められるように全力で頑張ります」

「大宮アルディージャが本来いるべき場所は今の場所ではないと思います。共に強い大宮アルディージャを作り、多くの勝利を分かち合いましょう! よろしくお願いします」

◆湘南ベルマーレ
「湘南ベルマーレに関わる全ての皆様。2年間お世話になりました。なかなか試合に出られない日々が続きましたが、そんな中でも人として、いちサッカー選手として、大事なことを学ばせてもらいました」

「どんな状況でもチームの向く方向へ自分も向くことができたのは、古くからいる湘南の選手や、長くいる現場のスタッフが常に寄り添って、声をかけてくださったからだと思います。本当に助けられました。ありがとうございました」

「来季、カテゴリーは違いますが僕も全力で次のチームで頑張ります!またグラウンドで会える日を楽しみに、湘南で学んだことを胸に常に前を向いて進んでいきます。本当にお世話になりました!」

7日間無料トライアル実施中!『ブンデスリーガLIVEアプリ』
>詳しくはこちら