ガイナーレ鳥取は27日、契約満了で退団が決まっていたMF可児壮隆(30)がJFLの奈良クラブへ完全移籍することを発表した。

可児は、川崎フロンターレの下部組織出身で、阪南大学へと進学。2014年に川崎Fへと入団した。

古巣でプロ選手となったが、リーグ戦では出番がなく、天皇杯でデビュー。2試合の出場に終わると、2015年には湘南ベルマーレ、2016年にはツエーゲン金沢、2017年にはFC今治へと期限付き移籍。2018年から鳥取に完全移籍してプレーしていた。

鳥取では、J3で通算115試合に出場し12得点を記録。今シーズン限りで退団が決まっていた。

可児はクラブを通じてコメントしている。

「ガイナーレ鳥取から加入することになりました可児壮隆です。奈良クラブのJ3昇格のために全力で戦います!奈良クラブに関わるすべての皆様、よろしくお願いします!」

ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
スマホやFire TV、PCやタブレットで楽しみ方いろいろ!
>詳しくはこちら