27日にドバイでグローブ・サッカー・アワード2021の授賞式が行われ、パリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・ムバッペが年間最優秀選手賞を初受賞した。

また、ファンが選ぶ年間最優秀選手にはバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが選出され、年間最優秀監督にはユーロ2020でイタリア代表を優勝に導いたロベルト・マンチーニ監督が選出されている。各賞の受賞者は以下のとおり。

【グローブ・サッカー・アワード2021 各賞受賞者】

◆年間最優秀選手
キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン/フランス)

◆最優秀ゴールキーパー
ジャンルイジ・ドンナルンマ(パリ・サンジェルマン/イタリア)

◆最優秀ディフェンダー
レオナルド・ボヌッチ(ユベントス/イタリア)

◆最優秀監督
ロベルト・マンチーニ(イタリア)

◆最優秀クラブチーム
チェルシー(イングランド)

◆最優秀ナショナルチーム
イタリア

◆最優秀キャリア選手
ロナウジーニョ(ブラジル)

◆最優秀エージェント
フェデリコ・パストレッロ(イタリア)

◆最優秀スポーツディレクター
アイトール・ベギリスタイン(マンチェスター・シティ/スペイン)

◆トップスコアラー・オブ・オールタイム
クリスティアーノ・ロナウド(マンチェスター・ユナイテッド/ポルトガル)

◆ファンが選ぶ年間最優秀選手
ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン/ポーランド)

◆マラドーナ賞
ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン/ポーランド)

メッシがラ・リーガとCLで挙げた全ゴールとともに
バルセロナでの17年を振り返る!
>放送予定など詳しくはこちら