フィオレンティーナからの移籍が取り沙汰されるセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(21)だが、今冬は残留が濃厚のようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えた。

昨季のセリエAで21ゴールを挙げて大ブレイクしたヴラホビッチ。今季も相変わらず絶好調で、ここまでリーグ20試合16得点を記録してチームを牽引している。

しかし、現行契約が2023年6月までとなっているヴラホビッチは、先日提示された契約延長のオファーを拒否。あと数日で開く冬の移籍市場での注目度が高まっている。

それでもイタリア『スカイ・スポーツ』は、今冬にヴィオラを去る可能性はかなり低いと報道。ヴラホビッチは今季のセリエAで得点王となり、チームをヨーロッパのコンペティション出場に導いて、最高の形で別れを告げようとしていると伝えた。

また、ロッコ・コミッソ会長は7000万ユーロ(約91億円)という高額な移籍金を要求。この金額はイタリアのクラブはどこも支払えないという。

獲得に最も近いとされるユベントスですら、スウェーデン代表MFデヤン・クルゼフスキを売却し、ブラジル代表MFアルトゥールとウェールズ代表MFアーロン・ラムジーとの契約を解消するなど、人員整理が必要になるようだ。

一方で、ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが退団した際にはバイエルンもヴラホビッチ獲得に乗り出すと予想。他にもチェルシー、リバプール、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッドなど、国外のビッグクラブもその去就を注視していると伝えた。

https://sport.sky.it/calciomercato/2021/12/26/vlahovic-calciomercato-news

メッシがラ・リーガとCLで挙げた全ゴールとともに
バルセロナでの17年を振り返る!
>放送予定など詳しくはこちら